[東京 27日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル高/円安の112.43/45円だった。トランプ米大統領が27日に公表する予定の税制改革案への思惑などを背景に112円前半を軸にして底堅い動きとなった。

午後のドル/円は小動きが続いた。112円方向に下がれば実需筋のドル買いが入り支えになる一方、この1週間「何度かトライしてすっきりと上抜けできていない112.50円が上値抵抗線として改めて意識された」(FX会社)という。

三菱東京UFJ銀行の金融市場為替グループ調査役、野本尚宏氏は「米金利は上がりたがっている印象だ。トランプ政権の政策の現実味が強まれば、10年債利回りは2.3%を上回って2.4%に接近し得る」とみている。この場合、ドル/円は114─115円が視野に入りそうだ。

もっとも、金利の上昇基調は、あまり持続しないかもしれない。米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーは、2018年に3回の利上げを予想しているが、イエレン議長をはじめ、理事の人事がどうなるかは不透明。市場の織り込みは進みにくい。

ハリケーンの影響で、10月発表の米指標が弱含むリスクもある。「足元のポジションは債券ロングが多いため、金利が上がりやすい環境といえる。ただ、持続力はあまりなさそうだ」(三菱東京UFJ銀の野本氏)という。

午前のドル/円は、仲値公示にかけて輸入企業のドル買いが先行し、一時112.54円に上昇した。きょうはスポ末と呼ばれ、約定された取引の決済日は月末・期末の9月29日となるため、仲値にかけて実需の売買が交錯。仲値後は輸出の売りや投機筋の調整売りも出て、一時112.28円まで軟化した。

小池百合子東京都知事は27日、国政新党のメンバーとともに会見し、代表として「日本をリセットするために希望の党を立ち上げる」と述べ、党の綱領も発表した。為替市場は特に反応を示さなかった。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 112.43/45 1.1771/75 132.38/42

午前9時現在 112.37/39 1.1782/86 132.39/43

NY午後5時 112.22/24 1.1791/95 132.36/40

(為替マーケットチーム)