[東京 27日 ロイター] - 財務省は27日、日本郵政<6178.T>の株式2次売り出しで、売却する株数は合計10億6257万3600株となると発表した。関係者によると、一般投資家に76%、国内の機関投資家に4%、海外投資家に20%を配分する予定で実施したブックビルディングでは、一般投資家分に約1.3倍、国内機関投資家分に1.5倍超、海外分に約2.5倍、全体で1.5倍超の需要が集まった。