[東京 28日 ロイター] - アジア時間28日の取引で原油先物は下落。

米WTI原油先物は前日のニューヨーク市場で、前週の米原油在庫が予想外に減少したことを受けて上昇した後、アジア時間で上げ幅を縮小。北海ブレント原油先物は26日に付けた26カ月ぶり高値からの下げを拡大している。

0032GMT(日本時間午前9時32分)現在、米WTI原油先物<CLc1>は0.02ドル安の1バレル=52.12ドル。

ブレント原油<LCOc1>は0.17ドル安の1バレル=57.73ドル。前日に1%近く下落したのに続き、26日に付けた26カ月ぶり高値(59.49ドル)から一段と下げている。

米エネルギー情報局(EIA)が27日発表した週間石油在庫統計では、米原油在庫<USOILC=ECI>が約340万バレルの増加予想に反して約185万バレル減少し、原油相場を支援した。

一方、この週間統計で米ガソリン在庫は減少予想に反して増加、米留出油在庫の減少幅は予想よりも小幅にとどまるなど、原油相場にマイナスの材料も示された。

また、米原油生産が先週、日量955万バレルに増加し、大型ハリケーン「ハービー」がメキシコ湾岸を直撃する前の生産水準を上回ったことも相場の重しとなっている。