[東京 28日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は28日、全国証券大会であいさつし、国内経済は今後も緩やかな拡大を続けるとする一方、2%の物価安定目標の実現までにはなお距離があり、「できるだけ早期に物価目標を実現するため、引き続き強力な金融緩和を粘り強く進めていく」と述べた。

金融システムについては、企業や家計の資金調達環境は緩和した状態が続いているものの、「全体として、金融経済活動に行き過ぎた動きは見られていない」と指摘。「金融機関の自己資本は充実しており、相応に強いストレス耐性を維持している」との見方を示した。