9月27日、電気自動車(EV)の関連株として、米アップルのサプライヤー企業が人気を集めている。次世代完成車の「勝者」は不透明だが、日本が強みを持つ電子部品の需要は拡大していくとの読みだ。写真はデトロイトで2015年1月撮影(2017年 ロイター/Mark Blinch)

[東京 27日 ロイター] - 電気自動車(EV)の関連株として、米アップルのサプライヤー企業が人気を集めている。次世代完成車の「勝者」は不透明だが、日本が強みを持つ電子部品の需要は拡大していくとの読みだ。一方で、既存の自動車部品株は苦しいものの、完全EV化には課題も多く当面はガソリン車などと併存するとの見方もある。

EVの「3種の神器」

 EV部品で重要度の高い「3種の神器」とされるのが、電池、モーター、インバーターだ。電池は電気を貯蔵し、モーターは動力を発生させ、インバーターは電池からモーターへの電流を直流から交流に変換させ制御する。

 村田製作所、TDK、日本電産、ロームなど日本の電子部品メーカーは、モーター、インバーターの本体だけでなく細かな構成部品であるコンデンサ、インダクタ、抵抗器、コネクタ、電源制御用IC、プリント基板なども製造している。

 BNPパリバ証券・アナリストの若杉政寛氏は、自動車業界でEVのシェアが高まっていけばコンデンサ、インダクタ、抵抗器の需要が高まると予想。そうした部品メーカーは「スマホの価格競争が激しいので、車載向けにシフトしていきたいという動きはある」と分析する。

 米アップルが販売するスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の部品を製造していることでアップル関連株と位置づけられる日本の電子部品メーカーだが、市場では早くもEV関連株として評価する動きもあるようだ。