[東京 28日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日、衆議院解散を受けて「厳しい選挙になる。身を引き締めて全力投球したい」と記者団に述べた。北朝鮮の脅威や少子化という国難を、国民の信を得て乗り越えなければならないとし、「誠実、愚直に政策を訴えたい」と強調した。

民進党の希望の党との合流については「新しい代表を決めたばかりで、大変驚いている」と批判した。