[ロンドン 28日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁は28日、英国の欧州連合(EU)離脱が国内経済に及ぼす影響を金融政策で相殺することはできない見通しだが、影響が及ぶ分野を操作することは可能だと指摘した。

中銀の独立性を記念するイベントで述べた。

総裁は、国内経済の繁栄は、財政政策や、英国が最終的にどのような形でEUを離脱するかにかかっていると発言。

「EUとの新たな貿易の枠組みに移行するに伴い、実質所得の伸びは鈍化する公算が大きいが、金融政策でこれを防ぐことはできない。ただし、そうした所得への打撃を雇用減少と物価上昇の間でどう配分するかについては、金融政策で影響を及ぼすことが可能だ」と述べた。