[東京 28日 ロイター] - 日銀は28日、2017年度の給与改定で管理職を除く職員の定例給与を0.2%引き上げるベースアップ(ベア)を実施すると発表した。また、5月と11月の賞与について、ベアによる増加分を除いて2.108カ月とする。

この結果、年収ベースでは0.2%の引き上げとなる。ベアの実施は14年度から4年連続。