【802.11ax】
10Gbpsのスループットを実現する
次世代の無線LAN技術

 802.11axという規格の導入により、2018年には飛躍的に進化した新たな無線LAN技術が市場投入され、消費者や企業のWi-Fi技術の利用形態を大きく改善するでしょう。802.11axは複数デバイスの接続とIoTのために設計されており、約10 Gbpsの速度をサポートすることから、画期的なものとなります。

 802.11ax規格を特徴づけるのは速度だけではありません。今日のIT利用パターンを処理するのにより適した次世代のWi-Fiは、以下の特徴を備えています。

 Wi-Fiではじめて、OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access:直交周波数分割多元接続)と呼ばれる接続方式を使用してWi-Fi周波数帯の既存チャネル上のデータ伝送方法を管理します。このOFDMAは携帯電話で使われてきた技術であり、概念自体は新しいものではありませんが、Wi-Fiで使われるのは初めてです。周波数帯をより効率的に使えるようになるため、より多くのユーザーがWi-Fiネットワークに高スループットで接続でき、周波数リソース利用の効率性が高まります。

 802.11ax規格では既存のWi-Fi規格の7倍のエネルギー効率が実現されるため、IoTのセンサーをWi-Fiで接続した際もバッテリー駆動時間を大幅に伸ばすことができます。また全体的な最大スループットは理論値で約10Gbpsに達し、従来のWi-Fiを大幅に上回ります。

 国内市場では、802.11ax規格は特に以下の分野で使われるようになるとみています。

多くのユーザーが接続する利用環境におけるサービスの向上:
競技場など、多くのユーザーが接続する利用環境において、Wi-Fiネットワークの品質と速度が飛躍的に改善されます。たとえば、2020年の東京オリンピック開催中には、この技術を使えば競技場でAR(拡張現実)やVR(バーチャルリアリティ)を見られるようになるでしょう。

スマートホームやスマートオフィス:
802.11ax規格により、スマートホームやスマートオフィスの接続の信頼性が飛躍的に高まり、動画や4Kメディアを視聴できる高速なサービスがWi-Fiネットワークを介して利用可能になります。

IoTメッシュネットワーク:
802.11ax規格は、小売店や工場などの接続を含め、IoTの用途で利用するWi-Fiネットワークを大幅に改善します。

出典:ITR