インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月28日、DSD対応のストリーミング配信サービス「PrimeSeat」で先週実施した、ベルリンフィル・ハーモニー管弦楽団のDSDライブ配信について解説した。

PrimeSeat
試聴用にソニーのSS-AR1が用意された

 同社は先週、最新フォーマットDSD 11.2MHzによる、世界初のDSDライブ配信を実施した。同楽団の本拠地「PHILHARMONIE」で、9月16日(土)19:00(日本時間では9月17日2:00)に開演した演奏会を、専用開発した配信ソフトを使い、現地からリアルタイムかつ無料で日本のユーザーにストリーミング配信した。曲目はマレク・ヤノフスキ指揮のプフィッツナー『歌劇≪パレストリーナ≫より3つの前奏曲』、ブルックナー『交響曲第4番変ホ長調≪ロマンティック≫』。

 なおPrimeSeatは、6~7月にNHK交響楽団のコンサート音源をDSD11.2MHzで制作。DSD 11.2MHzによる世界初のオンデマンド配信も実施していた。

PrimeSeat
BROADCASTER。過去のDSD5.6MHz配信ではLimeLightというDSD専用のソフトを使っていたが、対応形式を増やした。外販などは未定だが、より広いユーザーが使える直感的なUIに改善している

 配信ソフトの「PrimeSeat BROADCASTER」は、コルグが開発したもので、DSDの信号はもちろん、44.1kHz/16bit~384kHz/24bitのPCM信号の配信にも対応する。

PrimeSeat
クリストフ・フランケ氏の作業風景

 ベルリンフィルは「デジタルコンサートホール」という映像付きの有料ライブ配信を実施している(PrimeSeatではそのマスターを利用した番組『ベルリンフィルアワー』も配信している)が、そこでは最大60本ものマイクが用いられる。しかし今回の配信では、客席1列目の上方にマイクを吊るし、ピンポイントで収録している。その調整は専属トーンマイスターのクリストフ・フランケ氏が担当した。10㎝の違いで大きな変化が出るほどシビアな調整だという。

PrimeSeat
天井からつるされたマイク
PrimeSeat
客席の1列目の上あたりにマイクが設置されているのが分かる

 現地の配信機材はシンプル。ホールに設置したマイクはゼンハイザー「MKH 8020」×2本、ここから得たアナログ信号をマイクプリアンプ(Merging Technologiesの「HAPI」)に通し、外付けのA/DコンバーターでDSD 11.2MHzのデジタル信号に変換。この信号をUSB接続したMacBookに取り込み、上述したBROADCASTERで配信した。

PrimeSeat
右のMacBookがPrimeSeatへの配信用、手前のWindowsノートにはPYRAMIXが接続されている
PrimeSeat
配信に使用した機器

 HAPIはA/Dコンバーターの機能も持ち、録音用にEthernetケーブル(Ravenna)で接続したWindowsノートとPYRAMIXにもデータを出力している。

PrimeSeat
配信中はPrimeSeatで問題なく再生されているかどうかを確認しながらの作業だった

 11.2MHzのDSDデータは、22.4Mbpsと膨大なビットレートになるため、ベルリンから一度、ロンドンにあるIIJの拠点(IIJ Europe Limited)に送った。そこで5.6MHzのDSD、96kHz/24bitのPCMのストリームを別途生成しつつ、IIJのCDNを使って日本のユーザーに配信した。ロンドンと日本の間には太いIIJバックボーンネットワークがあるため、長距離・高スループットの伝送が安定的に可能。配信サーバーのチューニングも合わせて実施したため、通常通信の倍近いスループットを得られたという。

PrimeSeat
長距離の安定した伝送をするため、ロンドンを経由

ベルリンフィルとの関係性から生まれた技術トライアル

 PrimeSeatの再生アプリのダウンロード数は現在約2万。1日当たりのアクティブユーザー数は400~600名ほどだという。深夜の配信ということで、リアルタイムで放送を聴いた日本のユーザーは100名弱とのことだが、9月27日まで実施したリピート放送も含めると、1000名程度の聴取があったという。

 IIJでは今後も11.2MHz配信を継続していく計画だ。

・2017年12月4日(月)4:00には、指揮:ベルナルド・ハイティンクのマーラー『交響曲第9番ニ長調』
・2018年2月25日(日)3:00には、指揮:サー・サイモン・ラトル、ピアノ:ダニエル・バレンボイムでドヴォルザークの『スラブ舞曲 op.72』、バルトークの『ピアノ協奏曲第1番』、ヤナーチェクの『シンフォニエッタ op.60』
・2018年4月14日(土)3:00には、指揮:キリル・ペトレンコ、ピアノ:ユジャ・ワンで、リャードフ『魔法にかけられた湖』、プロコフィエフ『ピアノ協奏曲第3番ハ長調』、F・シュミット『交響曲第4番ハ長調』
・2018年6月21日(木)3:00には、指揮:サー・サイモン・ラトルで、マーラー『交響曲第6番』

が配信される。日時はいずれも日本時間。

 6月の公演はラトルが常任指揮者として最後の演奏になる見込み。ペトレンコはラトルの後任としてベルリンフィルを率いる若手指揮者だ。

PrimeSeat
MacBookでは再生アプリの「PrimeSeat v1.6」が動作。その下にOPPO「SonicaDAC」とソニー「TA-A1ES」がある
PrimeSeat
IIJ配信事業推進部 担当部長の冨米野(ふめの) 孝徳氏
PrimeSeat
左がコルグ 執行役員 技術開発部 部長の大石 耕史氏
PrimeSeat
OTTAVA 取締役 ゼネラルマネージャーの斎藤 茂氏。ベルリンフィルアワーの司会も務めている。まず「ベルリンフィルアワーの録音は明快な収録で、聴けば聴くほど気持ちの強いオーケストラ。ミスの後の熱気がすごい。“気”は映像では分からない、ハイレゾならではの音」などとコメント。そのうえで11.2MHz配信の音は「すべての音がきちんと伝わる」と異なる魅力があると紹介した。
PrimeSeat
トークショーの形式で、11.2MHz配信の感想を語る。右はIIJ配信事業推進部の西尾 文孝氏