[28日 ロイター] - 米国株式市場は小幅上昇し、S&P総合500種指数が過去最高値を更新した。米税制改革期待が続いたのに加え、ヘルスケア銘柄やマクドナルド<MCD.N>の上昇が支援材料だった。

マクドナルドは2.23%高。1日の上昇率としてはここ2カ月余りで最大。ロングボウ・リサーチが投資判断を「買い」に引き上げたことが好感された。

S&P金融株指数<.SPSY>は0.12%上伸。

税制改革が実現すれば恩恵を受ける小型株の指標であるラッセル2000指数<.RUT>は0.27%高。

ムニューシン米財務長官は28日、前日発表された税制改革案に盛り込まれた法人税率の20%への引き下げについて、譲歩はできないとの考えを示した。

ロバート・W・ベアード(ミルウォーキー)の機関投資家向けセールストレーディング担当マネジングディレクター、マイケル・アントネリ氏は「市場は今のところ、上昇局面での売りではなく、押し目買いを望んでいるようだ」と指摘した。

一方、このところの最高値更新や割高なバリュエーションが上値を抑制した。

S&P総合500種の予想株価収益率(PER)は17.9倍で、長期平均の15.1倍を上回っており、ラッセル2000の予想PERも26.3倍と、平均の21.3倍を上回っている。

米経済指標では、第2・四半期の国内総生産(GDP)確報値が年率換算で前期比3.1%増と、改定値の3.0%増から上方改定された。ただ、ハリケーン「ハービー」と「イルマ」の影響で、第3・四半期にはモメンタムが鈍化した可能性がある。

また、9月23日までの週の新規失業保険申請件数はハリケーンの影響で増加し、市場予想を上回った。

ヘルスケア銘柄が上昇のけん引役だった。

バイオ医薬品大手アッヴィ<ABBV.N>は4.97%急伸。主力の関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」の特許を巡るアムジェン<AMGN.O>との訴訟で和解を発表したことが材料視された。

医療機器メーカーのアボット・ラボラトリーズ<ABT.N>は2.86%高。米食品医薬品局(FDA)がアボットの成人向け血糖値測定器を承認した。米診断薬・医療機器会社アリーア<ALR.N>の買収についても、条件付きで米連邦取引委員会(FTC)の承認が下りた。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.47対1だった。ナスダックでは1.35対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約58億5000万株。直近20営業日平均の62億6000万株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 22381.20 +40.49 +0.18 22306.83 22394.74 22288.97 <.DJI>

前営業日終値 22340.71

ナスダック総合 6453.45 +0.19 0.00 6437.96 6456.23 6427.66 <.IXIC>

前営業日終値 6453.26

S&P総合500種 2510.06 +3.02 +0.12 2503.41 2510.81 2502.93 <.SPX>

前営業日終値 2507.04

ダウ輸送株20種 9886.82 +44.83 +0.46 <.DJT>

ダウ公共株15種 723.79 +1.57 +0.22 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1161.69 +8.69 +0.75 <.SOX>

VIX指数 9.55 -0.32 -3.24 <.VIX>

S&P一般消費財 714.83 -0.32 -0.05 <.SPLRCD>

S&P素材 356.16 +2.49 +0.71 <.SPLRCM>

S&P工業 602.67 -0.55 -0.09 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 555.98 +0.10 +0.02 <.SPLRCS>

S&P金融 427.66 +0.52 +0.12 <.SPSY>

S&P不動産 199.05 +1.21 +0.61 <.SPLRCREC

>

S&Pエネルギー 506.93 +0.76 +0.15 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 940.86 +1.30 +0.14 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 162.08 +0.40 +0.25 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1010.57 +1.44 +0.14 <.SPLRCT>

S&P公益事業 269.27 +0.82 +0.30 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.67億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 20360 - 30 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 20330 - 60 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)