[28日 ロイター] - 米配車サービスのリフトの新規株式公開(IPO)は、中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>や、中国のインターネット大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>、サウジアラビアのサウード家など、様々な投資家に利益をもたらす見通し。

関係筋によると、リフトはIPOのためのアドバイザーを間もなく選定する。

同社のIPOでは、ゼネラル・モーターズ(GM)が特に恩恵を受ける見通し。2007年の設立以来、リフトは26億ドル以上の資金を集めているが、GMは2016年初めにリフトの株式9%を5億ドルで取得した。

また、フォード・モーター<F.N>のビル・フォード会長は、自身が率いるベンチャー・キャピタルのフォンティナリス・パートナーズを通じてリフトに出資している。

著名投資家カール・アイカーン氏、ヘンリー・クラビス氏、サウジアラビアのアルワリード・ビン・タラール王子、シティ・グループ<C.N>、ウォルト・ディズニー<DIS.N>などもリフトに投資している。

アリババとテンセントは、中国の配車サービス滴滴出行に出資。滴滴出行は、リフトや米ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]に出資している。