[ワシントン 29日 ロイター] - 米ホワイトハウスは29日、トランプ大統領が11月3-14日の日程で、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを訪問すると正式発表した。北朝鮮核問題への対処が焦点となる見通し。

大統領就任後、アジア歴訪は初めて。ベトナムで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議およびフィリピンでの東アジアサミットにも出席する。

ホワイトハウスは「トランプ大統領の(同地域への)関与は北朝鮮の脅威に立ち向かい、朝鮮半島の完全かつ検証可能で、不可逆的な非核化を確実にする国際的な決意を強化する」とした。

今回の歴訪にはメラニア夫人も同行する。