ICレコ
「ICD-TX800」。左が本体で右がリモコン

 ソニーが10月7日に発売を予定しているICレコーダー「ICD-TX800」(予想実売価格 2万2000円前後)は、一見するとICレコーダーとは思えない外観が特徴だ。

 幅と高さは38mm、奥行きは13.7mmという超コンパクトボディーは驚きだが、本製品の最大の魅力は操作のシンプルさである。

ICレコ
本体には2つのボタンとスイッチのみ。3行表示の有機ELディスプレーが備わっている
ICレコ
CFカードの上に置いてみる。表面積はCFカードよりも小さい

 通常、ICレコーダーというと、その多くは操作ボタンやスイッチがいたるところにあり、音質設定や録音設定など、操作が複雑である。

 ICD-TX800は本体とリモコンの2つで構成されているが、本体のほうは「STOP」「REC」の2つのボタンと、電源オン/オフとHOLDを行なうスイッチしかない。

 つまり、電源を入れ、録音をし、停止する。本体だけではそれ以外のことは一切できないという究極のシンプルさである。

 設定は本体のディスプレーを見ながらリモコンを使うか、専用のスマホアプリから行なうことになるが、この設定の充実度は通常のICレコーダーと同様だ。

 録音モードはMP3(192kbpsまで)とリニアPCM(44.1kHz/16bit)が選択でき、マイク感度や録音フィルター(ノイズカットやローカット)、録音環境が選択可能。録音環境は会議や講演、ボイスメモのほかに「ポケット」という項目も選択可能で、文字通りポケットに入れたままでも高音質な録音が可能だ。

ICレコ
リモコンのボタンは結構小さい。ちょっと窮屈だ

 ただし、本体のディスプレーは3行しか表示できないし、リモコンのボタンも結構小さいので設定操作は窮屈な感じがする。そこが気になるのであればスマホアプリ「REC Remote」を使えばいい。

スマホアプリで遠隔録音が可能

ICレコ
ICレコ
「REC Remote」の録音画面。デジタルメーターとアナログメーターの表示が選べる
ICレコ
スマホアプリでの録音設定の画面
ICレコ
シーンセレクトは「オフ」も含めて7種類から選べる
ICレコ
録音モード。リニアPCMでの録音もできる
ICレコ
マイクの感度も3段階、もしくはオートから選択できる
ICレコ
録音フィルターも2種類を用意する

 REC Remoteではすべての設定と録音/停止操作が可能。スマホの大きな画面で設定ができるので操作もしやすい。

 ただし、スマホアプリでは録音した音声の再生操作はできず、本体+リモコンでのみ再生が可能となる。

 上述の通り、本体のディスプレーは3行しか表示できないので、録音ファイルを探すのが大変そうだが、実際には絞り込み機能が付いているのでそれほど大変ではない。「最新の録音」「録音日で探す」「録音シーンで探す」といった絞り込みが可能で、録音日で探せばすぐに見つけられるだろう。

ICレコ
ICレコ
録音したファイルは日時などでの絞り込みができる

 なお、ICD-TX800本体にはスピーカーが内蔵されておらず、イヤフォンジャックもない。どうやって録音ファイルを聴くかというと、充電用のmicroUSB端子に音声変換用の付属ケーブルを差して、そこにイヤフォンなどを接続することで音声を聞けるようだ。

 ICレコーダーは電源が乾電池という製品が多い。それゆえバッテリー残量がない、となったらコンビニなどに駆け込んで乾電池を買ってくるという緊急措置が可能だ。

 しかし、本製品はバッテリー内蔵なので乾電池は使えないし、充電中は充電モードに入ってしまって一切の操作ができない。つまり、緊急措置が取れないのだ。

 そこで、本製品は急速充電に対応。3分の充電で1時間の録音が可能だ。ちなみに、フル充電であれば約15時間の録音が可能となっている。

持ち歩いていることを意識させない画期的な製品

ICレコ
ICレコ
背面にクリップが付いているので、ズボンやカバンのポケットに固定することもできる

 超コンパクトボディーで持ち歩くのが苦にならず、常にポケットに入れて置くこともできる。そして、操作も極めてシンプルで複雑なところがない本製品。

 会議や講演のログ録りという用途から、普段ポケットの中に入れてずっと録音しておくという自分の1日の行動のログ録りまで幅広く対応できる。ある意味画期的なICレコーダーと言えるだろう。