9月20日、iOS 11がリリースされた。調査会社の発表を見るとiOS 10の時よりも、ユーザーがアップデートするペースは遅いようだが、iOS 11にはいろいろと便利な新機能が搭載されているので、ぜひ体験してほしい。先日発売されたiPhone 8/8Plusはもちろん、iPhone 5s以降の端末で利用できるので買い替えなくてもiOS 11を体験できる。筆者もiPhone 7をiOS 11にした。今回は、iOS 11でiPhoneが便利になるワザを12個紹介しよう。

260
iOS 11には多数の新機能が搭載されている!

QRコードの読み取りに対応!
ライブフォトも面白くなった

 まずはカメラ機能。「やっとか!」というところではあるが、標準の撮影時にQRコードを認識できるようになった。今までは別アプリでQRコードを読み込んでいたが、iOS 11からはその手間が省ける。

260
画面はiPhone 7で、もちろんiOS 11にアップデートしている
260
カメラでQRコードを写すと、認識してくれる
260
通知をタップするとブラウザーやメールが開く

 「Live Photos」にエフェクトが追加された。繰り返し再生してくれる「ループ」と、再生し終わったら逆再生を繰り返してくれる「バウンス」、動きを1枚の写真にまとめてくれる「長時間露光」の3つで、それぞれユニークな映像になるので試してみよう。

260
「Live Photos」で撮影した写真を上にスライドする
260
「ループ」や「バウンス」といった効果を適用できる
260
「長時間露光」はシャッターを開きっぱなしにして撮影したような効果を得られる。写真は花火の「Live Photos」

 「カメラ」アプリではないが、「メモ」アプリに書類をスキャンして取り込む機能が追加された。追加メニューから「書類をスキャン」を選ぶとカメラが起動し、書類に向けると自動的に認識して取り込んでくれるのだ。もちろん同様のことができるアプリはたくさんあるが、標準でできるようになったのは歓迎したい。

260
「メモ」の+をタップして、「書類をスキャン」を選択する
260
書類に向けると切り抜いて保存してくれる

大きく変化した「コントロールセンター」

 画面を下から上へスワイプするとコントロールセンターが現れるが、iOS 11ではがらっと変化している。多数の機能をまとめて表示できるようになり、UIも変更。表示項目をカスタマイズすることも可能だ。

260
下から上にスワイプすると、新しくなったコントロールセンターが表示される

 表示項目は3D Touch端末なら押し込み、非対応端末なら長押しでさらなるメニューがポップアップする。明るさなど、単純にゲージだけが大きく表示されるものから、電波に関する項目で「インターネット共有」や「AirDrop」など隠された機能が表示されるものもある。

260
明るさを押し込むと、この画面に。ブルーライトをカットするナイトシフト機能も利用できる
260
電波系のブロックを押し込むと、「AirDrop」などのアイコンも現れる

 基本は色が付いていればオン、消えていればオフだが、Wi-FiとBluetoothは注意が必要。コントロールセンターからオフにしても切断はできるが、機能は有効のまま。完全にオフにするなら設定から操作すること。完全にオフになれば、アイコンに斜線が付くので判断できる。

260
260
アイコンをタップして色が付けばオンになる
260
設定からWi-FiやBluetoothをオフにすると斜線が付く

 表示項目をカスタマイズするには、設定から「コントロールセンター」を開き、「コントロールをカスタマイズ」をタップ。表示されている項目を追加したり削除したりすればいい。並び替えることも可能だ。

260
「コントロールセンター」を開き、「コントロールをカスタマイズ」を開く
260
よく使うボイスメモやアラーム、画面収録などを追加する
260
アイコンが増えた

 コントロールセンターはいちいち設定を開かなくてもいろいろと動作を変更できるのでラクなのだが、ゲームで遊ぶ時などは誤操作の元にもなる。アプリの実行中にはコントロールセンターを開きたくないなら、「App内でのアクセス」をオフにしておけばいい。

260
「App内でのアクセス」をオフにすればアプリ内での誤操作を防げる

操作を動画で残せる「画面収録」が便利で楽しい

 画面キャプチャーも強化された。ホームボタンと電源ボタンの同時押しでキャプチャーすると左下にサムネイルが表示される。一定時間放置すると消えるが、タップするとそのまま編集画面が開く。トリミングしたり、ペンツールで描き込んだりできるのだ。

 また、邪魔であれば左にスワイプして消すことができるし、表示された状態でキャプチャーしても画像には含まれないので、連続キャプチャできるのは便利だ。

260
画面キャプチャーすると左下にサムネイルが表示される
260
サムネイルをタップすると編集画面が開く
260
ペンで書き込んだり、トリミングしたりできる
260
「完了」をタップすると保存できる。破棄することも可能だ

 筆者的にiOS 11の目玉機能のひとつなのが「画面収録」機能。iOS端末の操作を音声とともに動画として録画できる機能だ。iOSの操作方法を記録してもいいし、ゲームのプレー動画を残すこともできる。前述の方法で「画面収録」ボタンを「コントロールセンター」に表示しておけば、タップするだけで録画開始。画面上部が赤くなり、もう一度タップすると録画終了となる。動画は「写真」に保存される。なお、マナーモードにしていると音声は録音されない。

260
「画面収録」アイコンをタップする
260
ホーム画面では上部が赤く表示される
260
他のアプリを起動しても録画は続行されている
260
赤い部分をタップすると録画を停止できる
260
「写真」に動画が保存される
260
操作手順が音声とともに録画されている!
260
アイコンを長押しすると、マイクオーディオをオンにできる

ホーム画面のアプリを
まとめて移動・整理できる

 ホーム画面のアプリを長押しすると、アイコンが震えて移動できるようになる。多数のアプリをインストールしているとこの作業が面倒なのだが、なんとiOS11では複数アプリをまとめて移動できるようになった。

 アプリの移動中に、他のアイコンをタップするとどんどん重なっていくのだ。この状態で移動できるし、他のアプリに重ねることでフォルダーを作ることもできる。

260
アイコンを長押しして移動する
260
その途中で、他のアイコンをタップするとまとめられる
260
まとめたアイコンの数がバッヂに表示される。フォルダーにまとめて入れることも可能

キーボードを寄せられるようになり片手入力が捗る

 iPhoneの画面は大きくなる傾向にあるが、その分キーボードが打ちにくくなり、iPhone SEのサイズを好む人も多い。そんなニーズを汲んでかiOS 11ではキーボードを左右のどちらかに寄せることが可能になった。筆者はiPhone 7のサイズでも入力はできたのだが、寄せた方がずいぶんラクになった感じがする。

260
キーボードの地球儀のアイコンを長押しする
260
キーボードの位置を選択する
260
左寄せで表示した状態。片手でラクに入力できる

クラウドサービスをまたいで
ファイルをやりとりできるようになった

 「ファイル」という標準アプリが追加され、端末内やクラウドストレージサービス内のファイルを直接操作できるようになった。Windowsでいうならエクスプローラーのようなアプリで、これまでファイルの存在を隠してきたiOSに搭載されたのは驚きだ。

 まだ、たいしたことはできないが、ファイルの保存先に指定したり、ストレージ間のコピーや移動が可能。これからいろいろと広がりを見せてくれそうだ。

260
新たに「ファイル」アプリが追加された
260
複数のクラウドストレージサービスを利用できる
260
クラウド間でファイルのコピーができる

電源ボタンを5回連続で押すと
緊急SOS発信ができる

 電源ボタンを5回連続で押すと、「緊急SOS」が利用できるようになる。端末がロックされていても、警察や消防、救急に110番、119番通報ができる。

 ユーザーがメディカルIDを登録している場合は、そちらも確認できる。病気やアレルギー、血液型、緊急連絡先などを登録できるので、事故の時などに役立つかもしれない。iPhoneユーザーでなくとも、覚えておきたい機能だ。

260
電源ボタンを5回連続で押したところ
260
「緊急SOS」をスライドすると、警察や消防にかけられる
260
「メディカルID」をスライドすると、個人のヘルスデータを確認できる
260
設定の「緊急SOS」では、自動通報機能をオンにできるが、即通報になるので基本的にはオフのままでいいだろう