[北京 30日 ロイター] - 中国を訪問しているティラーソン米国務長官は30日、核問題を巡り北朝鮮と直接接触していることを明らかにした。北京で記者団に述べた。

長官は、意思疎通は直接的に行われており、チャンネルは2、3ある、と表明。「われわれは暗闇の中にいるわけではない」と強調した。

長官は、北朝鮮との接触に絡んで米国サイドで関わっている人物については特定せず、接触の頻度、内容といった詳細にも触れなかった。

一方、ティラーソン長官の発言を受けて、米国務省は、北朝鮮が対話に関心を持っている兆しはないと説明。同省報道官は声明で「北朝鮮の当局者は、非核化協議への興味や用意を示していない」としている。