ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

大容量ファイルサーバと回線サービスを組み合わせた
遠隔地バックアップソリューションを提供
――3重のデータバックアップを低コストで実現

株式会社大塚商会

2011年10月13日

平成23年10月5日 第2337号

ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚 裕司)は、平成23年10月6日より、災害対策に有効なバックアップソリューション『TWIN NAS遠隔地バックアップ 3TB/6TBパック』を提供します。通常利用するファイルサーバでデータを複製し、さらにそのバックアップデータを遠隔地に保存します。これにより、3TB/6TBの大容量データを3重に保全し、万が一の障害や災害発生時に備えた企業のBCP対策として有効に利用できます。

本パックは、大塚商会が提供している大容量ファイルサーバ・ストレージとバックアップ専用ストレージ、大塚商会オリジナルの回線サービスをパッケージ化し、初期費用を従来の約半分程度に抑えました。また、設計コンサルティングやファイルサーバの設定作業などを効率化し、専用回線の事務手続きやルータのレンタル、設置・設定なども一元化することで、導入時の手間や工数を削減します。

回線にはベストエフォート型を利用することで、帯域保証型回線と比べてコストを下げ、中堅中小企業でも導入しやすくしました。実際に運用が想定されるデータを遠隔地へ転送し、バックアップにかかる時間等の事前検証(※)を行いパック化しているため、安心して導入いただけます。

今後も、本検証回線を利用し、各メーカーとも協力してWAN間におけるハードウェア、ソフトウェアの検証作業を実施して行く予定です。

(※)本パックによる事前検証内容

  • ・東京~大阪間でベストエフォート型の回線を使用
  • ・ファイルサーバ内に1TBのデータを用意
  • ・運用に必要な遠隔地への初回フルバックアップ
  • ・ファイルサーバの運用サイトにおける通常のバックアップ運用は、1時間毎にフルバックアップ、1日1回スナップショットバックアップ。
  • ・遠隔地バックアップ運用は、3時間毎に差分データのみを転送。

■関連リンク
WIN NAS 遠隔地バックアップパック

O-CNET SMILE WAN 

お客様お問い合わせ先
株式会社大塚商会 サーバ・ストレージ課 
お問い合わせフォーム

 

facebookもチェック

IT企業インフォメーション

「IT企業インフォメーション」

⇒バックナンバー一覧