[東京 2日 ロイター] - 米投資ファンドのベイン・キャピタルがアサツーディ・ケイ<9747.T>に対して、1株3660円で株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買い付け額は最大で約1517億円となる。全株取得により、TOB成立後はアサツーDKは上場廃止となる。

アサツーDKは、TOBに賛同している。

TOBは10月3日から11月15日まで。買付予定数の下限は、50.1%に相当する2078万5200株。公開買付代理人は大和証券。

同時に、アサツーDKは英広告代理店大手であるWPPグループとの資本・業務提携を解消することも決めた。98年の資本・業務提携以降、「協業による相互利益の拡大という事実上のシナジーを特段実現するには至らなかった」という。今後は、多様な事業パートナーと事業の特性に応じて連携する「オープン・ネットワーク型」グループへ転換する。WPPはアサツーDKの発行済み株式数の24.96%を保有。また、アサツーDKはWPP株を2.43%を保有しており、売却を予定している。