[マドリード 2日 ロイター] - スペインのカタラ法相は2日、北東部カタルーニャ自治州で1日行われた分離独立の是非を問う住民投票を受け、同州が独立を宣言した場合、中央政府は憲法上の権限を活用して同州の自治権を停止する可能性があると述べた。

中央政府はスペイン憲法155条の下、自治州の権限を停止できる。

同相はテレビのインタビューで「155条がある。われわれは法の全面的な効力を活用する。独立を宣言すれば、それはできないと伝える必要がある」と語った。

カタルーニャ自治州の指導部は1日夜、投票者の90%が独立に賛成したと明らかにした。スペイン政府は住民投票が憲法に違反するとして投票実施に反対していた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)