SHARP

 SHARPは10月3日より幕張メッセにて行なわれるアジア最大級のIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC JAPAN 2017」の前日にプレスブリーフィングを行なった。

 同社は2017年8月31日に同社のテレビブランド「AQUOS」の8K対応製品「AQUOS 8K」について欧州/ロシア、中国、台湾、日本といった世界4地域同時に発表。その後、9月1日の「IFA 2017」にてグローバル活動を本格的に行なうことを明らかにし、9月23日からテレビCMにてPR活動を行ない、10月3日から開催される「CEATEC JAPAN 2017」では「8K World & AIoT World」を掲げ、実機をお披露目する。さらに、11月15日より開始する「Inter BEE」にも出展する予定とのこと。

 8Kの超高精細映像は、7680×4320ドットという圧倒的な解像度で、実物がそこにあるかのようなリアリティーと、今まで映らなかったモノが映り「新たな発見」につながるとしている。そして、同社はいろんな企業と協業し、8Kエコシステムを推進する。

 また、すでに発表済ではあるが、70インチで8K対応の液晶テレビ「LC-70X500」の予約を本日10月2日(月)から行ない、12月1日に発売することを強調。予想実売価格100万円と高額製品ではあるが、発売までに200台の販売を見込んでいるとのこと。

SHARP
本日10月2日(月)より8K対応液晶テレビ「LC-70X500」の予約受付開始

 たとえば、第二種医療機器製造販売業を行なうカイロス社などと共同で、世界初の8K硬性内視鏡システムを構築。医者は8Kのモニターを見ることで、これまで見ることができなかった微細な血管や神経まで確認することを可能にする。また、一定時間に施せる手術件数を増やし、精緻な手術により術後患者のQOLが向上、内視鏡手術の比率増加で医療費高騰の抑制にも貢献しているとのこと。

SHARP
世界初の8K硬性内視鏡システム

 このように、いろんな8Kエコシステムが今後もどんどん増加していき、映像配信や教育など、いろんな分野・産業が発展していくとしている。

 また、同社はIoT機器を通じて人を知り、AIが最適な提案を行なう人に寄り添うIoT「AIoT(Artificial Intelligence of Things)」を掲げ、人が主役となるスマートライフを目指す。

 同社は商品、プラットフォーム、サービスのいずれもAIoT化を行ない、その三位一体により顧客価値を高め、スマートホーム事業を拡大していく。

SHARP
AIoT機器・サービスは、8カテゴリーに拡大
SHARP
COCORO KITCHENでは、好みを覚えて、スマホでレシピを確認、聞いてお得な情報配信に加え、すぐに調理できるレシピ連動「料理キット」宅配サービスの拡充「ヘルシオデリ」も10月19日より開始される
SHARP
COCORO VISIONでは、視聴傾向をAI学習、最適コンテンツをおすすめする。会員制コンテンツサービスも拡充される
SHARP
AIoTテレビと連携するスマートフォン向け無料アプリも提供される

 同社の「人に寄り添うサービス」は、会員サービス、電子書籍サービスなども加え、COCORO+ブランドとして統合される。そして、自社家電で培ったAIoT技術で、企業の顧客サービスを支援するなど外販強化を行うとしている。

SHARP
AIoTプラットフォームの提供事例

ブースでは8K60fpsのVR映像視聴も!

 本日14時からのメディアコンベンションで、SHARPのブースを見てきたところ、同社の掲げるAIoT技術を使ったスマート家電のほか、気になる70インチ8K対応液晶テレビも実際に見ることができた。

SHARP
SHARPブース
SHARP
SHARP
同社のスマート家電の展示&デモ

 AIoTクラウドサービス「COCORO VISION」に対応した液晶テレビ「AQUOS 4K」で楽しめる新しいコンテンツサービス「COCORO MUSIC」、「COCORO GAME」のデモも展示されていた。

「COCORO MUSIC」は、定額音楽配信サービス「レコチョク Best ライトプラン」の連携により、邦楽・J-POPの国内最大級のラインアップから、プロが選曲したプレイリストをシャッフル再生で楽しめる。月額利用料金は税別300円。

 一方、「COCORO GAME」は、テレビ単体でブロードメディアGC株式会社から提供されるクラウドゲームサービスを介してカジュアルゲームが楽しめる。月額利用料は500円、単品販売は300円から。

SHARP
「COCORO MUSIVC」、「COCORO GAME」は11月11日にサービスが開始される予定

 8K液晶テレビは、実際に見ると4Kテレビよりもさらに高精細。ここまで高精細だと、実物とほぼ同じでは?と思えるほどに色彩も豊かで、確かな実在感を感じる。これは、写真からは絶対伝わらないので、ぜひ実際にその目で確認してもらいたい。

SHARP
SHARP

圧倒的に美しい高品質パノラマVRも展示

 加えて、同社のブースでは、NTTドコモが発表した世界初8K60fpsのVR映像配信視聴システムの視聴デモも行なっていた。これはNTTドコモブースでも同じように展示されているとのこと。SHARPは映像を表示する1008ppiのIGZOディスプレーを提供している。

 NTTドコモのシステムは、はNTTテクノクロス株式会社の「パノラマ超エンジン」を用い、2K解像度の映像を2枚同時に再生することで、PCへの負荷を大幅に下げていると言う。また、低解像度の背景に、高解像度のタイルを貼り付け、見ている箇所だけを高解像度で再生し、高品質なVR映像を実現しているそうだ。

SHARP
SHARPブースの4K液晶テレビの横に高品質パノラマVRとして視聴デモが行われていた
SHARP
ヘッドマウントディスプレーは、あくまでデモ用の試作機。製品化の見込みは今のところないと言う

 デモ映像は、琉球の大自然や、砂浜で踊る人などを捉えた高精細映像だった。現状のPC用VRヘッドマウントディスプレー(HMD)である、HTCのVIVEやOculus RiftはパネルがOLEDで、今話題のマイクロソフトのWindows Mixed Reality対応HMDのパネルはLCDだが、本デモ機は高密度画素のIGZOパネルを採用。

 そのため、格子筋が目立たないかと思われたが、あまりにも映像が高精細なため、4Kで撮影された映像よりも、くっきりはっきりとした自然な映像を見るには、やや格子筋が目立った気がした。とはいえ、従来のVRHMDで視聴するよりも、映像は高精細でより自然な印象を受けた。

 今年のCEATEC JAPANのSHARPブースは3つのステージ、4つの体験ゾーンに分かれている。もちろん、8K、AIoT商品の体験ゾーンなども含まれているため、8Kという超高画質による圧倒的なリアリティーを体験したい人は、CEATEC JAPAN 2017のSHARPブースで実物を体験してみるといいだろう。

●関連サイト