201710elecom

 エレコムは10月下旬、ワンダーリーグのAR・VRプラットフォーム「ヴルーム」を採用したAR・VRアプリ専用コントローラ「JC-VRR02VBK」を発売する。価格は税込7279円で予想実売価格は4000円前後。ヴルームSDKはAndroid環境だけでなくiOSのARKitにも対応しており、モバイルデバイスのOSを選ばず利用可能。ただし、ヴルーム対応アプリでのみ使える専用コントローラーとなる。

201710elecom
201710elecom

 「JC-VRR02VBK」は操作性に優れた6軸モーションセンサーやアナログスティックのほかトリガーボタンも搭載。さらに音量調整ボタンも搭載する。スマホとはBluetoothで接続し、1台のスマホに本製品を2台まで接続可能。これにより、両手持ちでのゲームプレイが可能。バッテリーは単4電池×2で75時間動作する。

201710elecom
201710elecom

 発表会にはエレコム常務取締役(商品開発部管掌)の梶浦 幸二氏が登壇。エレコムのAR・VRに関する取り組みを解説した。梶浦氏は「日本ではAR・VR対応端末はわずか2%前後だが、2020年にはゲーム市場の50%がスマホ・タブレット向けになる」とコメント。日本での浸透が遅れているAR・VR市場の現状を語りつつ、国内市場だけでなく海外に打って出るとコメント。「現在は月3000台規模だが将来的には100万台を販売し、エレコムがARのデファクトスタンダードをとりたい」と語った。

201710elecom
エレコム常務取締役(商品開発部管掌)の梶浦 幸二氏
201710elecom
日本でVR対応端末が2%前後しかないのは、高いiPhoneの国内シェアが要因
201710elecom
スマホ。タブレットがゲーム市場を席巻するとの予測
201710elecom
JC-VRR02VBKの概要
201710elecom
エレコムの戦略
201710elecom
エレコムのVR/AR商品群の販売予測
201710elecom
将来的には全世界で100万台売りたいとのこと

 続いて登壇したエレコム商品開発部アライアンス&VRデバイス課 課長代理の楠 祐介氏がAR・VRコントローラー「JC-VRR02VBK」をプレゼンした。AndroidとiOSで動作し、端末を問わないヴルームSDK専用コントローラーという製品の立ち位置に関しては「市場にはいろいろなプラットフォームや機器が乱立しており、開発者がアプリを制作しにくい。我々がAR・VR市場のプラットフォームをつくり、国内の拡大と市場の活性化に貢献する」とコメントした。

201710elecom
エレコム商品開発部アライアンス&VRデバイス課 課長代理の楠 祐介氏
201710elecom
用途に合わせて3つのスタイルが選べる
201710elecom
201710elecom
エレコムのAR/VRはスマホVRとコンソール型のハイブリッド型とコメント
201710elecom
201710elecom
エレコムは11月にスマホゲーム市場に参入する

 エレコムはスマホゲーム市場に参入し、現在ARロボットバトルアプリを開発中。11月にiOS 11 ARKit対応ゲームアプリ2本をApp Storeで配信予定。発表会場には「JC-VRR02VBK」を利用した開発中のアプリやARとVRを組み合わせてインテリアを確認できる「DOORS」の体験コーナーを設置、来場者の注目を集めていた。

201710elecom
「JC-VRR02VBK」のARデモ
201710elecom
発表会場にはエレコムのさまざまなAR/VR機器を展示
201710elecom
ヴルームの開発を手がけるワンダーリーグ代表取締役の北村 勝利氏(画像右)も登壇

■関連サイト