モトローラ・モビリティ・ジャパンは、ミドルハイクラスのSIMフリースマホ「Moto G5S Plus」を発表した。10月6日に発売する。公式オンラインストアでの価格は税抜3万8800円。

11
高コスパで人気のモトローラのSIMフリー機がさらにパワーアップし、「Moto G5S Plus」として登場!

 Moto Gシリーズ、特に現行モデルの「Moto G5 Plus」は3万円台半ばの価格でありながら、オクタコアCPUや4GBメモリーといった高い性能、指紋センサーやDSDS対応などイマドキのスマホに求められる要素がひととおり入ったコストパフォーマンスの高さ、そしてシンプルなUIなどで評価が高い。Moto G5S Plusはこれらの要素を引き継ぎつつ、ディスプレーの大型化やカメラのデュアル化など、より強化したモデルとなる。

11
税抜3万円台の価格ながらデュアルカメラを搭載する

 まずディスプレーはMoto G5 Plusの5.2型から5.5型に大型化。フルHD解像度(1080×1920)なのは変わらないが、横幅は2mm強のサイズアップにとどまっている。デザイン的には今回もメタルのユニボディー筐体を採用。シンプルながらも美しい仕上がりが特徴的だ。

11
メタル筐体を採用。フラッシュゴールドは少し赤っぽいゴールドだ
11
11
Moto G5 Plus(右)との比較。サイズが一回り大きくなったほか、同じゴールドでも色味が違うのがわかる

 つづいてリアのカメラは1300万画素×2のデュアルカメラに進化。このデュアルカメラで奥行を測定することで、背景をボカすことが可能。これは撮影後の編集機能でも変更でき、背景だけモノクロにするなどの楽しみ方も用意されている。また、フロントカメラも800万画素で、これまではなかったビューティーモードやプロモードなどが追加されている。

11
11
これが実際のデュアルカメラ。横に2つセンサーが並んでいるのが見える。ボケ度合いを調整して撮影可能
11
11
ボケ度合いは撮影後も編集可能。背景だけモノクロにするモードもある

 そのほかの主なスペックは、CPUにSnapdragon 625(2GHz、オクタコア)、4GBメモリー、32GBストレージ、3000mAhバッテリー、指紋センサー、Android 7.1.1など。15Wでの充電が可能なACアダプターが付属。ネットワーク面では、モトローラのSIMフリースマホでは初めて、au網を含む、3キャリアに対応する。なお、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応だが、microSDとは排他となる。

 カラバリはルナグレー、フラッシュゴールド、ニンバスブルーの3色で、10月6日の発売日の時点ではルナグレーのみ。他の2色は今月中にも順次提供される予定。

11
カラバリは3色が用意されている。いずれも金属調を生かした筐体色だ
11
11
ルナグレーは前面が黒で、背面は濃いめのグレー
11
11
ニンバスブルーは前面が白で、背面は灰色がかった水色

■関連サイト