[東京 3日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比74円47銭高の2万0475円25銭となり続伸して始まった。堅調な経済指標を受け前日の米国株が上昇。為替は円安基調を維持するなど良好な外部環境を背景に幅広く買いが先行した。日経平均は寄り後に取引時間中の年初来高値を更新している。

陸運、不動産が高く、電機もしっかり。半面、鉱業、石油・石炭製品、証券の3業種が下げている。