[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリアのターンブル首相は3日、2020年から建造する予定の軍艦9隻に長距離ミサイルへの迎撃システム「イージス」を配備する方針を明らかにした。ならず者国家による脅威に対抗するためと説明した。

米ロッキード・マーチン<LMT.N>製のイージスシステムをSAABオーストラリアの技術を利用して配備する計画という。

北朝鮮による一連の中・長距離弾道ミサイルの発射実験や核実験を受け、アジア太平洋地域の緊張はここ数カ月で劇的に高まった。

北朝鮮の最終目標は米国本土に届く核弾頭を搭載した弾道ミサイルの開発だが、オーストラリアもミサイル攻撃の対象となる可能性があると警告している。

首相はシドニーで行った演説で「最近の出来事は、オーストラリアの将来の軍艦が、中・長距離ミサイル攻撃の脅威からわが国を防衛する設備を装備する必要性を証明している」と述べた。

軍艦の建造については、英BAEシステムズ<BAES.L>、スペインのナバンティア、イタリアのフィンカンティエリ<FCT.MI>が350億豪ドル(273億9000万米ドル)規模の契約の受注に向けて競合している。

首相は、迎撃ミサイルシステムの配備決定を明らかにしたことで、3社にはイージス技術を盛り込んだ応札提案書を作成する十分な時間が与えられると述べた。

豪政府は2018年の早い時期に軍艦建造の落札企業を発表する見通し。