Galaxy Note8

 世界各国で販売が始まっているサムスンのフラグシップモデル「Galaxy Note8」。大型化されたディスプレーに細かい筆圧にも対応したスタイラスペン「Sペン」が付属するGalaxy Note8は、これまでのスマホにはない新しい機能が搭載されています

 そんな機能を細かく教えてくれるだけではなく、デュアルカメラや音声認識などGalaxy Note8のすべての機能をデモしてくれる特設イベント「Galaxy Studio」が韓国各地で開催中です。そのうちのひとつ、最大規模を誇るソウルのタイムズスクエアで開催中のGalaxy Studioを訪問してみました。

Galaxy Note8
ソウルのタイムズスクエアに特設されたGalaxy Studio

中央には特徴的なインフィニティ・ディスプレーのコーナーを配置

 イベントスペース全体を使った展示は、中央に端末を多数並べて自由に操作できるほか、その周りには「カメラ」「Sペン」「Bixby」「アクセサリー」と4つのブースがあり、各機能を細かく教えてくれます。

 基本的には韓国国内向けのイベントですが、英語が話せるスタッフもいます。日本語も片言できる人がいるのは韓国ならでは。ソウル観光のついでに立ち寄って、Note8を体験することもできそうです。

Galaxy Note8
ブースごとに細かい操作を教えてくれる。ここはカメラブース

 会場中央には大きくなったインフィニティ・ディスプレーを体感してもらうために、ディスプレーの美しさやマルチウィンドウのデモを見せてくれるコーナーもあります。

 Galaxy Note8の縦長の大画面なら、2つのアプリを上下、あるいは左右に分割して表示するのもお手のものです。よく使うアプリを2つ設定し同時に起動する「App Pair」は実際に体験してみるとその便利さがよくわかります。

Galaxy Note8
ディスプレーの美しさや大きさに加え、新機能も説明
Galaxy Note8
App Pairを使えば2つのアプリが同時に左右に起動する

Noteシリーズならではの「Sペン」コーナーでは防水機能が人気

 ペンの操作は画面がオフの状態からでもSペンを抜けばすぐにメモが書ける「Screen of Memo」や、Sペンを使って翻訳や画面を拡大できる「エアコマンド」操作をデモ。

 そして、今回のSペンの新しい進化である、GIFアニメで文字やイラストが書ける「Live Message」や、Sペンを外国語の文字や文章の上に置くと翻訳してくれる「Translate」機能なども体験できました。

 Galaxy NoteシリーズのSペンは機種を追うごとに多機能化しています。こうしてその場で使い方を教えてくれると、積極的にペンを使う気になれますね。メモ書きとアニメ文字はほぼ毎日使う機能になりそうです。

Galaxy Note8
Sペンの操作をわかりやすく教えてくれる。韓国語の日本語翻訳のデモも

 意外と受けていたのが防水機能。最近のGalaxyシリーズは防水対応になっていますが、Galaxy Note8はペンも防水になっています。それだけではなく、画面に水が流れているような状態でもペン操作ができるのです。

 防水対応スマホは多いですが、水にぬれた状態では指先でのタッチ操作が誤反応してしまう製品もありますよね。Galaxy Note8のSペンなら水がかかっても書きたいメモをその場で記録したり、画面を確実にタッチできるのです。

Galaxy Note8
来訪者の多くが試していたSペンの防水機能。水をかけてもペンが書ける

 Galaxy S8/S8+から搭載されている音声認識アシスタント「Bixby」機能もデモ。これはGalaxy Note8ならではの機能ではありません。

 でも、気になることを音声で検索、その検索結果を使ってペンでクリエイティブな操作をするといった操作は、Sペンを備えたGalaxy Note8ならでは。現在は韓国語と英語に対応しますが、日本語の対応もぜひ期待したいものです。

Galaxy Note8
Galaxy Note8に話しかけるだけで情報を検索
Galaxy Note8
天気予報も呼び出せる。この画面をSペンでキャプチャーしてSNSに送信するのもカンタン

ひとりでもふたりでも、どんな人でも楽しめる工夫があった

 各ブースの外側に行ってみると、そこにもカメラやSペンを体験できるコーナーが設置されています。これは自分たちでじっくり端末の操作を楽しみたい人向けのブース。

 ひとりでやってきて操作を納得するまで使い込んでみたい人や、カップルで来てちょっとふたりでLive Messageを試してみたい、なんて人たちがここでGalaxy Note8をセルフ体験できるのです。

 もしもわからないことあったら、スタッフのいるブースへ行けば細かい説明をしてくれます。自分だけで楽しんだりスタッフに話を聞いたりと、Galaxy Note8の魅力をより多くの人に伝えようとする工夫がされています。

Galaxy Note8
外側にもスタッフのいないブースがテーマごとに設置されている
Galaxy Note8
ひとりでじっくり体験。カメラのボケ機能もここなら思う存分テストできる

キーボードカバーチャレンジ再び! アクセサリーも多く展示

 さて、Galaxy StudioにはGalaxy Note8本体だけではなく、周辺機器やアクセサリーも展示されていました。

 Galaxy Note8をTVモニターなどにHDMIで出力して簡易PCにできる「Samsung DeX」はデスクトップ画面がさらに進化。DeXに対応していないゲームも専用アプリ経由で起動すると大画面で楽しめるなど、エンタメ用途も強化されています。もちろんマルチウィンドウも利用できます。

Galaxy Note8
DeXでゲームの利用がより快適になった。キーボードとマウスを繋げばPC感覚で遊べる

 純正のケースも全種類を展示。LEDカバーなどGalaxyシリーズおなじみの製品を実際に実機に装着して試すことが可能です。

 Galaxy Note8で新たに登場したMILスペック対応の「Ultimate Device Protection」カバーはデザインがいいのに質実剛健、スタンドにもなる優れものです。また、高級感あふれるアルカンターラのカバーも各色揃っています。

Galaxy Note8
市販の純正ケースを全種類用意
Galaxy Note8
ハードな仕様に耐えられる、MILスペック対応ケースも新発売
Galaxy Note8
高級車の内装にも使われるアルカンターラのカバーは上品

 一部のユーザーの間で話題のキーボードカバーも展示されていました。残念ながら日本語はまだ未対応。入力はサムスンキーボードのみに対応しますが、キーボードカバーを装着すると日本語がグレイ表示で選択できません。

 過去のGalaxyシリーズのキーボードカバー同様、BlackBerryタイルのキーボードで日本語入力は未だ実現されず。今後のファームアップデートに期待したいものです。

Galaxy Note8
筆者も気になるキーボードケース
Galaxy Note8
キーボードを装着すると日本語はグレイ表示で選択できず

 すべてのブースを回っても1時間はかかりません。Galaxy Note8の新機能を体験できることで、実際に製品を購入したいと考える来場者も多かったようです。

 Galaxy Studioは日本でも開催されていますが、VRの体験イベントと言う印象も強いところ。新モデルの発売のたびに、じっくりと機能を操作できるイベントもぜひ増やしてほしいものです。

Galaxy Note8
じっくり操作を試した後は、Galaxy Note8が欲しくなっているに違いない