HHKB20周年記念でキーボードを語り尽くす!

 9月23日、秋葉原UDXギャラリーにて「HHKB 20周年記念ユーザーミートアップ ~これまでと今後を語り尽くそう!~」というイベントが開催された。PFUの最高級キーボード「HHKB」初となるミートアップイベントだ。

HHKB
秋葉原UDXギャラリーにて「HHKB 20周年記念ユーザーミートアップ」が開催された
HHKB
司会は小山哲志氏

 冒頭にHHKBをPFU研究所と共同で開発した東京大学名誉教授の和田英一先生のビデオが流された。当日は、志賀高原で合宿をしているそうで参加できなかったためである。

 「年は取ってもプログラミングは大好きで、オフィスの机の上にはデスクトップPC用のHHKB Type Sとラズベリーパイ用HHKB Professionalが置いてあります。ラズベリーパイはマーティン・リチャーズの言語が動くので、ドルとかポンドとかの紙を貼ってあります」(和田氏)

 と、御年86歳なのに最初から飛ばしてくれて会場は盛り上がる。そのあとは、ご存じHHKBの誕生ストーリーを披露してくれた。

 「同じインターフェースのキーボードが20年も使われているというのはすごいことだと思います。しかし本来、インターフェースというのはそういうものかと思います。ピアノもタイプライターも変わっていません」(和田氏)

 そして、形が完成しているのは、ラグビーのボール、バイオリン、フォルクスワーゲンという昔のフォルクスワーゲンの広告をもじり、HHKBも完成した形になったのではないか、と感慨深げに語った。

HHKB
最初に東京大学名誉教授の和田英一先生のメッセージが再生された

第1部はHHKBの黎明期を関係者が熱く語る!

 第1部はHHKBの黎明期に携わった人たちによるセッション。登壇者は、HHKBを開発した富士通の白神一久氏、当時PFUのエンジニアで現在テラテクノスの八幡勇一氏、HHKB黎明期の再販を担当したぷらっとホームの後藤敏也氏、漢字直接入力方式の「T-Code」開発者でキーボード愛好家の前田薫氏。

 2016年12月20日に20周年を迎えたHHKBだが、第1部では黎明期~拡大と挑戦~さらなる高みへ、という3つのフェーズについてトークが繰り広げられた。最初はHHKB「以前」に使っていたキーボードについて。

 「PFUにいた時にはワークステーションの開発をしていたので、スパークステーションの互換機を使っていました。その前は、ソニーのニューズとかのキーボードを使っていました」(八幡氏)

「私もPFUでUNIXワークステーション互換機を作ってまして、Sanのワークステーションで使われるようなキーボードを使っていました。ちょっと前まではキーの重いダム端末を使っていた時代もありました」(白神氏)

 「私は修業時代、Sunのタイプ3キーボードを使っていました。もともとは1983年にアップルIIの互換機を作るのが流行った当時、HC20のキーボードを秋葉原で買って、はがして自分用のキーボードを作っていました」(後藤氏)

 「実は90年代初めまではあまりキーボードにこだわっていませんでした。X端末のエックスミートのキーボードが触感が良く、2年くらい愛用していました。不幸なことにHHKBが出る前にキネシスというものに出会ってしまって(笑)。そういう理由でHHKBはあまり使い慣れていません」(前田氏)

HHKB
第1部では「HHKBのこれまで」というお題でセッションが行なわれた
HHKB
左から八幡勇一氏、白神一久氏、後藤敏也氏、前田薫氏

利益がでなくてもやる! 限定500台は即完売

 1992年春に、和田先生が寄稿した「けん盤配列にも大いなる関心を」(こちら)という記事で、理想のキーボードが提案された。その3年後、ようやくそのアイディアを発展させて、厚紙の模型が作られた。この「Alephキーボード」がHHKBの原型となる。

 「これ(Alephキーボード)は和田先生が作られて、PFUに持ってこられたものですね。キーストロークは十分な深さを確保したい。サイズはA4用紙の縦側の半分にしてくださいと。和田先生はEmacsユーザーですので、Emacsありきの配列になっています。一番重要なのはCtrlキーがAの隣にあることで、絶対条件でした」(八幡氏)

 1996年12月20日に初号機の「KB01」が発売された。初回ロットは500台と弱気な感じ。当時PFUはコンシューマへ一般販売するチャンネルがなかったので、トナーやサプライ品と同じところで販売した。さらに、店舗のチャンネルがないので、飛び込み営業をしたという。

 「八幡さんが来られて、実はこんなキーボードを作ったんです、と飛び込みで。ぷらっとホームの初代会長である本多弘男が人に何かを先にやられるのがすごく嫌いなんです。僕も同じなので、そんな面白いものは先に売りたいというのがあって、利益無くてもやるといった話をしました」(後藤氏)

 そのおかげで、500台は即完売したという。

HHKB
飛び込み営業に利益がなくてもいいので100台でも200台でも持ってきて、と答えた後藤氏

 PFUはマーケットを広げるために廉価版のHHKB Liteや、2001年にはUSB対応でカーソルキー付きのHHKB Lite2を発売している。日本というよりも、アメリカで売るための企画だった。

 「PFUアメリカからの要望です。初代を持っていったら高くて売れず、HHKB LiteはPS/2専用でケーブル直出しにしました。要望があったので、カーソルキーも搭載しています」(八幡氏)

アメリカでも好調に売れたLiteシリーズ

 HHKB LiteやHHKB Lite2は2台目需要としても広く買われたそう。ここで、会場の参加者に「HHKBシリーズを2台以上持っている人」と質問したところ、大多数の人の手が上がった。さすが、このイベントに来るだけあると納得。アメリカでもLiteが好調に売れ、2002年にはHHKBシリーズ全体で10万台を達成した。2003年5月、静電容量無接点方式のHHKBが登場する。

 「初代HHKBを作ってくれた富士通高見澤コンポーネントがキーボードをやめてしまうということになりました。アスキーという雑誌で、東プレのキーボードがいいよという記事が出ていたので、東プレにコンタクトしました」(八幡氏)

 静電容量無接点方式をやりたいから東プレに依頼したのではなく、評判がいいからコンタクトしたというのは驚きだった。

HHKB
2003年に東プレの静電容量無接点方式のHHKBが登場した

 ちなみに、販売台数でみると、ProfessionalとLiteは半々とのこと。さらにProfessionalの販売台数のうち3割は無刻印モデルだそう。無刻印モデルというのはその名の通り、キーボードのキートップに何も印刷していないもの。ブランドタッチをマスターしていなければ、入力することもできない。

 「無刻印モデルは完全にプロモーション目的で作りました。当時、無刻印モデルがなかったので、初回限定100台で売りました。あっという間に売れてしまったので、初回限定とか言いながら定番にしてしまいました」

 と語ってくれたのは、PFUのドキュメントイメージビジネスユニット販売推進統括部長で、HHKB販売責任者でもある松本秀樹氏。

 「コールセンターのキーボードを無刻印にすると、オペレーターは手元を見ても何も書いていないため、(タッチタイピングを)覚えざるを得ないので、結果として能率が上がったという話がありました」(前田氏)

 ここで、無刻印のHHKBを持っている人、と会場に聞いたところ、こちらも多くの手が上がった。

HHKB
PFUドキュメントイメージビジネスユニット販売推進統括部長の松本秀樹氏

キミは輪島塗のキーボードを知っているか!?

 2006年には、「HHKB Professional HG JAPAN」という輪島塗のキーボードを発売。50万円という価格で、世界で最も高価なキーボードとしてギネスブックに掲載された。

 「JAPANというのは漆器という意味で、石川県というと輪島塗ですが、その名前を使われていないのは何か理由があるのですか?」と前田氏から質問が出た。

 「実際、輪島塗です。ところが輪島塗はブランドでして、木に塗る必要があるとか、日本製の漆を使っているとか、3つくらい条件があるんです。和島漆器組合に掛け合ったのですが、断られました」(松本氏)

HHKB
伝統工芸とHHKBがコラボして、世界最高のキーボードが実現した

 2016年には、初のワイヤレスモデルとなる、Bluetooth接続の「HHKB Professional BT」が発売された。ちなみに、パッケージに印刷されている「BT」のロゴを書いた書道家の深谷勇介氏は、PFU社員の弟とのこと。

HHKB
「BT」のロゴを書いてくれた書道家の深谷勇介氏

“ハッカー”は公序良俗に違反する単語だった

 セッションの締めは、和田先生の名言。

 「アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品でアリ、鞍は自分の体になじんだインターフェースだからだ。いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインターフェースであることを忘れてはいけない」

HHKB
有名な和田先生の言葉

 最後、会場からの質問タイム。「Happy Hacking」ロゴの話を聞かせてほしい、という要望があがり、八幡氏が回答。

 「最初のロゴは担当者がWindowsのソフトで斜めにしたんです。今のロゴは、アメリカのデザイナーに頼みました。最初「Happy Hacking」で商標登録をしたのですが、特許庁から「ハッカー」という言葉が公序良俗に反するというので拒否されました」(八幡氏)

 その後、ハッカーという言葉の説明をして、商標を登録できたという。

 「悪い方はクラッカーなんだといくら言ってもわかってもらえず、今はホワイトハッカーになってますね(笑)」(八幡氏)

 次は、HHKB Lite 2とType Sのカーソルキー回りの配列が異なるのはなぜか、という質問。誰も答えられなかったのだが、会場後ろにいたPFUのエンジニアが手を上げた。

 「静電容量の技術的な問題です。小さいキーを作るための回路を入れられなかったというのが正直なところです。電子的に、静電容量でスイッチをオンオフしていますので、キーの大きさを変えると調整が難しくなるので、同じ大きさのキーしか載せられなかったのです」

 とのこと。筆者も使い勝手を考えてカーソルキーを大きくしたのだろう、と勝手に思い込んでいたが、こんな裏話があるとは初めて聞いた。

HHKB
HHKB Lite 2とType Sのカーソルキー回りの質問に答えてくれたエンジニア

休憩時間は歴代HHKBを愛でる!

 第2部までしばらくの休憩時間、会場の後ろには、過去のHHKBが展示されており、黒山の人だかり。その端には即売会場が開かれたが、こちらも大人気。多くの人たちがHHKBを2台以上持っているはずなのに、飛ぶように売れている。中には3台購入しているひともいた。スタッフに話を聞くと、ここまでの割引販売は最初で最後だろうとのこと。筆者も一通りは持っているのに、なぜか買いたくてうずうずしてしまった。

HHKB
会場の後ろには歴代のHHKBが展示されている
HHKB
ギネスブックに掲載された50万円のキーボード
HHKB
HHKBとオプションの即売会も大人気

 第2部が始まる前に、中国市場に関するセッションが行なわれた。PFU上海のマーケティング担当のキョさんが、中国でのHHKB事情を紹介してくれた。

 中国にHHKBが登場したのは2007年前後。中国のキーボード愛好者たちが並行輸入店から購入し、HHKBに惚れ込んだそう。その後、中国のプログラマーの間で広がり、2015年8月、中国ユーザーのサポートとサービス品質向上のため、中国での販売を正式開始した。2017年7月に発売されたHHKB BTは中国でも同時に発売されている。

 ネットショップモールでは大人気で、公式SNSではHHKBの愛好者が活発に情報をやりとりしているという。さらに、女性が男性に送るプレゼントにHHKBを選ぶというので会場は爆笑。しかし、これはネタはではなく、本当に子緑という女性が彼にHHKBを送ったところ、数日後にプロポーズを受け結婚することになったという。このストーリーは動画共有サイトに投稿され、284万回再生されている。さらに、11月に北京で開催されるHHKBのミートアップイベントにも夫婦で参加してもらう予定とのこと。驚きだが、HHKBユーザーとしてはとてもうれしいエピソードだ。

HHKB
第1部と2部の間に「中国でのHHKBの勃興」というセッションが行なわれた
HHKB
PFU上海のキョさん。日本語がとても上手だった
HHKB
2007年頃からHHKBが広がり始める
HHKB
HHKBを彼氏にプレゼントして結婚した女性の動画が大人気
HHKB
中国のHHKBユーザーからはWindows配列モデルの要望が出ているとのこと

第2部「Windows配列」はありえるのか!?

 第2部は、「HHKBのこれから」というお題。登壇者は、高校生からHHKBの愛好者で現在はAndroidの開発者である有山圭二氏、慶應義塾大学環境情報学部教授でユーザインターフェース研究家でもある増井俊之氏、HHKB Professional Type-S商品アドバイザーでもある競技タイピストの栗間友章氏、そしてPFUドキュメントイメージビジネスユニット販売推進統括部長の松本秀樹氏の4人。

 松本氏によると、Windows配列に対する要望が来ているそうで、そのあたりに関する意見がほしいとお題が振られた。

 「私は基本的にWindowsしか使わないですし、競技タイピングなので、矢印キーなんていらいない。最悪バックスペースキーもいりません(笑)」(来間氏)

 「昨年、Surface Bookを使おうとして結局挫折したんですけど、MacだとCommand+Cでコピーですが、WindowsだとコピーがCtrl+Cじゃないですか。コピーをするための統一したキーがなくて、結局あきらめました。Windowsユーザーはどうしてるのですか?」(増井氏)

 と逆質問。回答は、会場のユーザーが手を上げた。このユーザーもWindowsでEmacsを動かしていたそう。同様にコピーで困ったので、「AutoHotkey」というスクリプト言語を利用し、無変換キーをCommandキーに設定したという。

HHKB
第2部は「HHKBのこれから」というテーマのセッション
HHKB
左から有山 圭二氏、増井俊之氏、栗間友章氏、松本秀樹氏

HKKBのカスタマイズを可能にしたい!

 次は「カスタマイズを許す範囲をキーボードプラットフォームとしてどこまで用意するか」という話題。会場にアンケートを採ったところ、いくらでもカスタマイズしたい人と、標準のまま使いたい人が同数ずつという結果になった。

 「不満というか要望ですが、HHKBのファームを書き換えてキーマップを変更したいです。無刻印というのがラインアップされているので、キーマップを書き換えるためのものだろうと今日まで思ってきたので(笑)。ソフトとかを使ってOS側で書き換えるという対応策が出ましたが、僕はキートップと違うキーコードを出すというのがたまらなく嫌なんです」(有山氏)

 この意見を受けて、松本氏は検討します、と回答。会場からは大きな拍手が起きた。さらに続けて、有山氏からの要望が出た。

 「HHKB BTのUSB端子は給電専用なので、サーバー機を使う時に接続できません。ぜひ、USBでつなげば、USBキーボードとしても使えるようにして欲しいです」(有山氏)

 これは、筆者もBTモデルを使っているのでまったく同感。とはいえ、今のところは両対応にするとコストが大きく上がってしまうのがネック。今後の開発に期待したいところだ。他にも、Dvorak配列が欲しいとか、特定のキーを無効化したいといった希望が参加者から寄せられた。

HHKB
ファームウェアの書き換えツールは前向きに検討すると松本氏

 続いては、司会の小山氏が、友達から頼まれた伝言を披露。「その人は、HHKBとAppleのトラックパッドを使っているのですが、ツラが合わないのが不便で、そこでトラックパッドの台が欲しいと言っています」(小山氏)

 ここで、バード電子の斉藤安則社長が登壇した。

 「10年前からAppleのサードパーティーで、その頃はAppleが厳しくてユーザーが少なかった状態です。その分ライバルがいなかったので、すごい売れて儲かったんです。ところが、iPhoneができていっぱいアクセサリーメーカーが出てきました」(斉藤氏)

 という自己紹介のあと「今のパッド台はすぐに作ります」と即答した。続けて、MacbookにHHKBを載せて尊師スタイルで利用する際、デザインに合う美しいケーブルが欲しいという意見にも、「すぐに作れますねぇ」と斉藤社長。即断即決で笑いを誘った。

 Macbookのキーを押さないようにしたいという要望には、「それはありますね」と斉藤社長。Macbookルーフという製品で、キーボードの上で伝票を書けるというアイテムだそう。現在在庫切れだが、また作りますとのこと。

HHKB
バード電子の斉藤安則社長

 質疑応答ではいろいろと質問が寄せられたが、盛り上がったのはHHKBが安っぽい、という意見だった。HHKBには鉄板が入っていないので、東プレのリアルフォースと比べて、キーを押したときに安っぽい音がするそう。そこで、鉄板入りモデルを出して欲しいという要望だった。これにはPFUのエンジニアが回答。

「リアルフォースはキートップのユニットがひとつずつ分かれていて、それを鉄板に止めているんです。厚さは1mm弱で結構な剛性が出ています。八幡君が開発を始めた時に、どうしましょうという話になりました。HHKBに鉄板を入れるには穴を開けるのですが、余計なのりしろが入ってしまいます。キーボードの外周に5mmとかもう少し余裕が必要になり、我々が要求する幅が満足できなかったのです」

 持ち運びを重視するため、剛性よりも幅と重量を選んだということだ。

HHKB
鉄板を入れないという判断について語ってくれたエンジニア

 最後は「いろいろな貴重な意見を聞けたので、優先順位を決めて、やれることはぜひやっていきます」と松本氏が締めた。

 第3部は懇親会。軽食をつまみながらユーザーや登壇者が交流を楽しんだ。途中で、ライトニングトークも開催され、超マニアックなユーザーがHHKBへのこだわりを炸裂させてくれた。HHKB黎明期の裏話から、目をむくような魔改造したHHKBなど、こちらも超大盛り上がり。長時間にわたるイベントだったが、あっという間に時間が過ぎてしまった。

HHKB
第3部は軽食を片手に交流会
HHKB
懇親会とライトニングトークが行なわれた
HHKB
MiracleTShirt09さんのお題は「最高の刀、それがHHKB」
HHKB
TanakanoAnchanさんのお題は「HHKBにまつわる周囲の誤解あるある」
HHKB
Northさんのお題は「真っ白なキーボードでスーパーハカーを気取る」
HHKB
内山直樹さんのお題は「パステルHHKBへの試み」
HHKB
Hiroshi Higuchi (hrhg)さんのお題は「自作キーボードのご紹介」
HHKB
キム ジュヒョンさんのお題は「HHKBの魅力について」
HHKB
yohewiさんのお題は「HHKBのHUTA作りから」
HHKB
会場にはライトニングトークで紹介されたこだわりHHKBが実際にお披露目された

筆者紹介─柳谷智宣

柳谷さん顔写真

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。