[東京 4日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>の国内車両組み立て工場で無資格者が出荷前の完成検査に一部関わっていた問題で、検査が終了したことを記す書類に実際には検査をしていない有資格者の名前の記載と押印があったことが複数の関係者への取材で分かった。意図的だったかどうかなどは調査中という。

国土交通省は、日産の栃木工場と日産車体の京都工場に対し3日、抜き打ちで立ち入り検査を実施したことを明らかにした。

日産は9月29日、国内に6つあるすべての車両組み立て工場で、本来は資格を持った「完成検査員」が実施すべき完成検査の一部を資格のない「補助検査員」が行っていたことを発表した。こうした不正は国交省が同月18日以降に実施した同社工場への立ち入り検査で判明した。同6工場のうち、京都と栃木の工場への検査はまだ実施されていなかった。

同社は、不正が意図的だったのか、組織的に行われていたかどうかなど第三者を含む調査チームが約1カ月かけて詳細な実態解明を進めるとしており、10月末をめどに原因や背景などを報告する予定。西川廣人社長は今月2日会見を開き、同省から指摘を受けるまで不正を「まったく認識していなかった」と説明し、制度に対する認識や理解が現場で「多少薄れていたのかもしれない」との見方を示した。

完成検査とは、工場から新車を出荷する前、自動車メーカー各社が認定した従業員がライトの点灯状況、ハンドルやブレーキの利き具合などをチェックし、保安基準に適合しているかなど安全性を最終的に確認する作業。道路運送車両法などに基づき実施され、社内で認定を受けた者が検査を行うと決められている。

*内容を追加しました。

(白木真紀)