[マンチェスター 3日 ロイター] - 英国のラッド内相は3日、メッセージアプリ「ワッツアップ」などが採用するエンドツーエンド暗号化について、小児性愛者や他の犯罪組織が司法の目の届かないところで活動することを企業が放置しているとの認識を示し、「業界に対し迅速かつ積極的な対応を求める必要がある」と述べた。

ワッツアップなどの通信サービスでは写真、動画、テキストなどのユーザー間の連絡が暗号化され、暗号化キーなしではアクセスできない。

内相はワッツアップを傘下に持つフェイスブック<FB.O>やグーグル<GOOGL.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、ツイッター<TWTR.N>にも一段と迅速な対策を求めた。

ワッツアップの広報担当は「毎日、数億人がワッツアップを利用しており、互いに連絡を取り合っている。そのなかに慎重に扱うべき個人情報も含まれる。暗号化はこれら全ての通信の安全を保つのに役立っている」と指摘。一方で「われわれのサービスにおいて子供への搾取が行われる余地はない。アカウント特定のために司法機関と協力している」と述べた。