[ロンドン 4日 ロイター] - スペインの政治危機を受け、同国国債や銀行債務の保証コストが4日、数カ月ぶりの高水準を記録、イタリアやポルトガル市場でも急上昇した。

IHSマークイットのデータによると、スペインの5年物クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は2ベーシスポイント(bp)上昇して73bp。

カタルーニャ自治州の銀行最大手、カイシャバンク<CABK.MC>の5年物CDSが2bp上昇して76bpと、7月半ば以来の水準だった。

バンコ・サバデル(本店・カタルーニャ自治州)のCDSも75bpで1カ月ぶり水準に上昇した。

マークイットのデータによると、イタリアの5年物CDS<ITGV5YUSAC=MG>が145bpと、8月末以来の高水準を記録した。

ポルトガルの5年物CDSは2bp上昇して146bpと、9月半ば以来の水準をつけた。