[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)の9月非製造業総合指数が約12年ぶりの高水準を記録したことを受け、4日の短期金利先物相場で12月利上げ予想確率が上昇した。

CMEグループのFEDウォッチによると、米東部夏時間午前10時29分(日本時間午後11時29分)時点で、市場関係者が織り込む12月の利上げ確率は83%、同指標公表前は78%だった。