麻倉怜士のハイレゾ

 評論家・麻倉怜士先生による、今月もぜひ聴いておきたい“ハイレゾ音源”集。おすすめの曲には「特薦」「推薦」のマークもつけています。9月ぶんの優秀録音をお届けしています。e-onkyo musicなどハイレゾ配信サイトをチェックして、ぜひ体験してみてください!!

『Sweet thing』
山崎千裕

特薦ロゴ

 女性トランペッター、山崎千裕のセカンドソロアルバム。ロサンゼルスと東京で、それぞれ当地のトップミュージシャンと協演した。

 トランペット+楽団の録音では、トランペットの音像設定、バックとの距離やバランス、バックの楽団のセパレーションなど音の聴きどころは多い。特にハイレゾになり音像、音場感の再現の度合いが上がり、より制作者側の意図が分かるようになった。その観点で聴くと、明確、明瞭、そして高解像度な録音だと分かる。まさに最新ハイレゾならではの威力だ。

 ドラムス、ベース、エレキピアノ……などのバックが明瞭な定位感と存在感を持つになかで、伸びやかで、優しい、そしてグロッシーなトランペットが、センターに正しく定位し、感情感たっぷりに聴かせる。コーラスが透明でふくよかだ。音が強度に複雑に絡み合っても、解像感の高さは変わらずにキープされている。

 個が聞こえ、なおかつ音像と音場バランスが好適な、名ハイレゾ録音だ。録音場所のひとつ、ロサンゼルスはyaniv studioはあまり防音されていない一軒家のスタジオで、環境雑音や隣の楽器の音とかが結構、入っているが、それが決して耳触りではなく、逆にロサンゼルスならではの空気感が伝わってくるのが面白い。

FLAC:96kHz/24bit、WAV:96kHz/24bit
キングレコード、e-onkyo music

『風と愛 日本のハープ音楽80年』
中村愛

特薦ロゴ

 海外ディスクの輸入会社、キングインターナショナルがハイレゾ製作に進出。第一弾が、ハープ独奏だ。それって、果たしてハイレゾにマッチするのか、聴く前は少し危惧したが、実に素晴らしいではないか。音の立ち上がり/下がり、微妙な質感、そして音の輝き……など、まさに一級のハイレゾだ。しかも、DSD11.2MHzだ。

 目も覚めるような鮮烈な音。ハープの単体なのに、これほど音色のバラエティさと、音の優しさ、剛毅さ……が聴けるとは。右手の旋律の音と左手の伴奏の音が同時に発せられる時、空中で音たちが絡み合い、融合していく様子が、むしろ単体の楽器だから手に取るように分かるのは、ハイレゾの恩恵だ。DSD11.2録音ならではの、高い情報性と情緒性の発露が、ハープにとても似合うと聴いた。単音の旋律も綺麗だが、グリッサンドの迫力と響きの連続感は驚く程の感興だ。

FLAC:192kHz/24bit、WAV:192kHz/24bit、DSF:11.2MHz/1bit
キングレコード、e-onkyo music

『Another Time - The Hilversum Concert』
Bill Evans、Eddie Gomez、Jack DeJohnette

特薦ロゴ

 ビル・エヴァンス、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットのトリオの音源発掘の最新版がこの『Another Time - The Hilversum Concert』。まず昨年に1968年6月20日のドイツでのスタジオ録音が『Some Other Time』として作品化された。次いで、Netherlands Radio Unionが保有していた、その2日後の6月22日にオランダのヒルフェルスムで実施したコンサートの音源が、CDやLPで発売されている。これが今回、カナダの2XHDの手によってDSD音源化された。

 2XHDが誇るTHE 2xHD FUSION MASTERING SYSTEMによってマスタリングされた。アナログ再生(Nagra-T tape reco)→→歴史的真空管アンプ→→マージングのHorus ADコンバーターとDAWのピラミックスという、凝ったアナログ・デジタル変換の系で制作されている。

 2XHDのDSDリマスターには名作が多いが、本作も素晴らしい。やはりDSDがキーワードだ。DSDは2.8MHzでは、まったり的な優しさが特徴だが、5.6MHzになると、情報性と情緒性がうまくバランスしてくる。それは、ビル・エバンスのメランコリーと音色の麗しさ、そして都会的なエモーション……という特徴的な音楽的音調とまことにフィットするのである。DSD5.6MHzならではの華麗さ、美麗さ、グロッシーさが、彼の音楽を美しく彩っている。

FLAC:96kHz/24bit、192kHz/24bit
WAV:96kHz/24bit、192kHz/24bit
DSF:2.8MHz/1bit、5.6MHz/1bit、11.2MHz/1bit
2xHD、e-onkyo music

『HIStory - PAST, PRESENT AND FUTURE - BOOK I』
Michael Jackson

推薦ロゴ

 マイケル・ジャクソンのハイレゾだ。角が過度に立たずに、言ってみると「まろやか」なエッジだ。ヴォーカル、ベース、オーケストラ、リズム楽器、コーラス……が、的確で、形の良い音像を持ち、音の進行がひじょうに心地良い。

 9曲目「スリラー」では、冒頭の扉のきしむ音からして上質で、金管も過度にシャープにはならず、実に適切なバランスを聴かせる。本ハイレゾ用のマスタリングは、レンジ感、立ち上がり/立ち下がり、音の伸び……などの各要素が、適切に均整した音調に見事に仕上げている。

FLAC:96kHz/24bit
Epic、e-onkyo music

『Whatever!』
THREESOME (MARLENE、Jiro Yoshida、Makoto Kuriya)

推薦ロゴ

 「編集なしのDSD録音」がうりだが、ジャズの場合、そもそも編集は難しい。クラシックは楽譜忠実なので、楽譜から外れた(つまり間違えた)時には、その部分を取り直して、入れ替えることが可能だが、ノリがすべてのジャズではそれはご無体。DSDであろうが、リニアPCMであろうが、一発録音が原則だ。

 「ラブ・フォー・セール」。冒頭のアコースティックギターからして、ひじょうに生々しく、それでいて質感はナチュラルだ。ヴォーカルとギターがセンターに、ピアノが右に定位する音像配置が明瞭で、音場感がヴィヴットだ。即興的に音楽が発展していく過程を、DSD11.2を見事に描いていく。その場の演奏の感興の高まりが、生々しく感じられるのである。マリーンのテクニックの巧さにには舌を巻く。でもエコー過多だ。彼女のハイテク歌唱はもっと明瞭に聴きたい。

FLAC:96kHz/24bit
USM JAPAN、e-onkyo music

『ピアソラ:ブエノスアイレスの四季』
新イタリア合奏団、フェデリコ・グリエルモ

推薦ロゴ

 スタジオで明瞭に、高解像度で録ったものではなく、大きなコンサート会場で、その豊かな響きと共に収録している。細部までの音の綾はいまひとつみえにくいが、弦楽の各パートの音が、ホールのアンビエントにて混ざりあい、融合するさまはなかなか感動的だ。豊潤な臨場感だ。

 レンジ感はすうっと伸びるのではなく、中域に音楽的エネルギーを凝縮させ、その塊的な密度感で、力感たっぷりに音楽を進行させる。彼らが得意なイタリアバロックとは対照的な、ロック的な音調だ。

DSF:2.8MHz/1bit
Sony Music、e-onkyo music

『The Moonlight Cats Radio Show Vol. 1』
Shogo Hamada & The J.S. Inspirations

推薦ロゴ

 1曲目、「Soulful Strut」。ブラスを入れたブルースバンドの乗りの快適さと、シャープなリズム感に酔う。左右のスピーカーいっぱいに拡がる音場の中にトランペット、ピアノ、ブラス、ドラムスが的確なスペース感と音像を持って正確に定位している。

 ソロを取る楽器とバンドのバランスが良く、立ちすぎず、埋もれもせず、的確なフューチャー感だ。3曲目「Mercy, Mercy, Mercy」の多重ヴォーカルもメローで美しい。ヴォーカルがバンドの一員のように溶け込んだバランスを聴かせる。 

FLAC:96kHz/24bit、192kHz/24bit
WAV:96kHz/24bit、192kHz/24bit
マイスターミュージック、e-onkyo music

『Timeless 20th Century
Japanese Popular Songs Collection (13 Tracks)』
KEIKO LEE

推薦ロゴ

 「ラブ・ストーリーは突然に」、「海を見ていた午後」などの13曲の日本の名曲集。ジャズ歌手の日本語ポップは、プロパーな歌手でない、独特な感情表現が大きな魅力だ。たっぷりと思いを込めたアルトなヴォーカルが耳に心地よい。

 ハイレゾはこの歌手のニュアンス感が細部の綾に至る部分まで、的確に伝えている。音調はややポップ的だが、ハイレゾ作品ならではのハイファイ性も色濃く感じられる。

FLAC:96kHz/24bit
Sony Music、e-onkyo music

『いしだあゆみ』
いしだ あゆみ

推薦ロゴ

 81年アルファレコードからリリースされたオリジナル作品集。当時の最先端のスタジオミュージシャンがバックを務める。歌詞も岩谷時子、呉田軽穂(松任谷由実)とタレントが結集。

 2017年リマスター。快適で、麗しい80年代のJPOP。純粋歌謡曲ではなく、当時のアルファレコードならではのポップと歌謡曲の巧みな融合が、いま聴いても新鮮だ。いしだから、それまでとは違う魅力的な側面を見事に弾き出している。音調はヴォーカルがセンターに大きくフューチャーされ、音像も大きい。リバーブの多さが時代を物語る。いしだの乾いた感情表現が最大の聴き物だ。

FLAC:96kHz/24bit
Sony Music、e-onkyo music

『Celtic Letters』
Lapis Lazuli

推薦ロゴ

 ギター一丁を伴奏に歌うスコットランド、アイルランドの名曲たち。透明度が高く、伸びやかで美的なヴォーカルが、どこまでも神々しい。

 第1曲の「蛍の光」と訳されるオールラングザインは、決して別れの歌ではなく、原詩のとおり「懐かしい友と再会する」嬉しさ、楽しさが、その味わいから読み取れる。15曲目「ダニーボーイ」は、スクウェアな進行で、淡々と思いを歌う。歌声は素晴らしいが、エコーはもう少し落としたほうが、この歌手の崇高な美しさが引き立つだろう。

FLAC:192kHz/24bit、WAV:192kHz/24bit、DSF:5.6MHz/1bit
キングレコード、e-onkyo music