[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ米大統領が近く、イランと欧米6カ国などが結んだ核合意について、イランが順守しているとは認めないと表明する見通しであることが分かった。米政権のある高官が5日、匿名を条件に明らかにした。高官はまた、大統領がより敵対的なイラン戦略を打ち出す、とも語った。

トランプ米大統領はかねてより、核合意について「恥ずべきもの」「最悪のディール」と酷評。トランプ大統領は10月15日までに、イランが核合意を順守しているのかどうか、議会に報告する必要がある。

大統領は5日、ホワイトハウスで軍幹部らと会談した際、「イランはテロを支援し、暴力や流血、混乱を中東に広めている。(核)合意の精神に沿っているとは言えない」と主張。イランが合意を順守しているかどうかの判断については「まもなく発表がある」と述べるにとどめた。

大統領がイランの順守を認めない場合、議会は合意に基づいて停止しているイラン制裁を再発動するかどうか60日以内に判断する。共和党と一部民主党は署名当時、核合意に反対していたが、今の議会はイラン問題に取り組む機運に乏しく、制裁再発動の有無は不透明な情勢だ。

米政府高官によると、イランをめぐるトランプ米大統領の演説日程は10月12日が検討されているが、まだ決定はされていないという。