[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日の会見で、2019年10月の消費税率引き上げについて「引き上げができる経済の環境を整備することが極めて大事だ」と述べた。

希望の党が衆院選の公約で消費増税凍結を掲げたことに関しては「財源なく大胆な改革を進めるような無責任な議論にくみすることはできない。しっかりと景気にも目配せし、消費税の引き上げが可能な経済状況を作るため、経済運営に万全を期したい」と語った。

(石田仁志)