[6日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は6日、連邦準備理事会(FRB)は緩和解除において忍耐強くあるべきとの見解をあらためて示した上で、12月利上げの可能性に引き続きオープンマインドと語った。

さらに、フェデラルファンド(FF)金利が最終的に2.5%近辺で落ち着くとの考えも示した。

9月の米雇用統計の発表後、カプラン総裁はCNBCに対し、ハリケーンが9月の雇用者数に影響することは想定内だったと語った。同時に雇用市場は引き締まりつつあるとの認識を示した。

トランプ政権の進める税制改革については、成長への追い風になり得るとし、減税措置は控えめであっても短期的な経済押し上げ効果になると語った。