以前レビューしたフェンダーの小型Bluetoothスピーカー「NEWPORT」は「どうせ有名ブランドのロゴを貼っただけのものだろう」と高をくくっていたら、かなり気合の入った製品だった。

 今ではしっかり反省しているが、ならば同時に発売された、より大型のモデル「MONTEREY」はどうかというのが、今回のお題である。価格は4万8384円。そしてなんと出力は120W! 価格も価格だが、Bluetoothスピーカーとしてはありえないくらいのハイパワーを発揮する。

 ギターアンプブランドの付いた製品としては、マーシャルの「STANMORE BLUETOOTH」(4万6310円)と同クラスということになるが、あちらの出力が総合80Wだった。果たしてフェンダーはどれくらいやってくれたのか。

パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった
MONTEREYの真正面。口径は公表されていないがウーファーとツイーターがペアで計4発というスピーカー構成。大きさは幅340×奥行き13.2×高さ24.2cm、重さは6.80kg
パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった
MONTEREYの操作パネル面。ほかのギターアンプメーカーのBluetoothスピーカー同様、TREBLE/BASSの2バンドEQ付き

ポータブル型NEWPORTとの違い

 パワーから言えば当たり前だが、このMONTEREYはAC電源専用設計で、小型のNEWPORTと違ってバッテリーを内蔵しない。そもそも6.80kgとかなり重く、取っ手もないので、持ち上げるのに一苦労する。据え置きで使いたい。

 そして、なによりまるっきり造りがギターアンプのそれだ。まず、このネジ止めされた完全密閉型のバックパネルを見よ。

パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった

 ノブやスイッチの付いた金属パネルは、チューブアンプのシャシそのもののデザイン。それを木製のキャビネットにはめ込んだスタイルは、コンボアンプそのまんまだ。

 さらに細かいところを見ると、この電源プラグの形状だってそうだ。

パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった

 3極タイプでギターアンプの電源ケーブルと同じ仕様。つまりギターアンプの電源コードがそのまま使える。これでギター入力用のフォーンジャックがないのが不思議なくらい。ためしに手持ちのフェンダーギター(ジェフ・ベックシグネチャー)と並べてみよう。

パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった

 おお、実にサマになるではないか。若干奥行きが浅い点だけがそれらしくないが、このくらいのサイズ感だったら、1~5W程度のフルチューブアンプであってもおかしくない。

 こうしたデザインは、現行製品のギターアンプ「'68 Custom Amplifier」と同じで、いわゆるシルバー・フェイス期の意匠をちりばめたもの。ハットノブ、ブルーのインジケーター、シルバーパネルに印字された字体まで、フェンダーのアンプを知っている人なら、そのディテールにニヤニヤしてしまうのではないか。

パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった

Bluetoothスピーカーとしてはフルスペック

 しかも見た目だけでなく、トーレックスが貼り込まれた外装を指で叩くと、コツコツと硬い音がする。キャビネットの材質はわからないが、安い小型のギターアンプより頑丈にできているように思える。パワーがパワーだけにそれを受け止める設計なのだろうが、ここまでやってなぜギターアンプでないかよくわからない。

 で、ワイヤレススピーカーとしてみるとBluetooth 4.2対応で、オーディオコーデックはAACとaptXに対応。この見た目から言うと笑ってしまうのだが、マイク内蔵でハンズフリー通話にも対応する。外部入力は3.5mmステレオミニのほかにRCAピンもあり、入力系統はBluetoothと合わせて3つ。Bluetoothスピーカーとしては、ほぼフルスペックだ。

 小型のNEWPORTと共通するのは、Bluetoothのペアリングなどで、ビープ音代わりに各種ギターフレーズが鳴ること。スピーカー構成やアンプはこちらの方が本格的なので、その際の音もずっとリアルで、やっぱりギターをつなぎたくなる。

パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった

パワーと重さは正義だった

 実際に音を出すと、やっぱりパワーに余裕があるアンプと重たいキャビネットは正義であり、いつの時代もオーディオの王道なのだ、と感心せざるを得なかった。

 密閉型エンクロージャーのエアサスペンション効果をハイパワーでねじ伏せたような鳴りっぷりで、まず低域の瞬発力が素晴らしい。おかげで、小さなスピーカーで低域の再生限界を下げるためのバスレフポートもパッシブラジエーターもないのに、下の帯域から十分に力を感じられる。

 ミッドレンジにも深さがあり、ボリュームノブを上げていっても、うるさく感じないのもいい。小音量でも十分に楽しめるから自宅で使ってもいいし、人の集まる店舗やパーティーだったら、さらにそのパフォーマンスを生かせるはず。

 背面にある「SHAPE」スイッチは、中域を引っ込めてローを伸ばし、ほどほどのドンシャリ感を演出するもの。ギターアンプのEQ設定で言うところのミッド・スクープのような特性で、スピーカーに近い位置や、小さな音量で聴く場合にはいい特性になる。あまり派手に効きすぎないのも良い。

 欠点は、やはりギターのシールドが挿せないこと。アンプモデルは1つ(もちろん'68 Custom)でいいので、もしシミュレーターが入っていたら、この価格でも高いとは思えない。その際には、5Wクラスのチューブアンプと重さが変わらないことを考えると、ぜひ持ち運び用にハンドルもお願いしたい。フェンダー様、何卒よろしく。

パワーと重さは正義、フェンダーのBlutoothスピーカーが王道だった

■関連サイト



著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ