格安SIM、格安スマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週はモトローラが新ミドルクラス機「Moto G5S Plus」を発表。税抜3万円台のお買い得価格は変わらずにデュアルカメラ&5.5型に。またファーウェイが10月10日の新スマホ発表を予告している。

11
抜群のコスパが人気の「Moto G5 Plus」に上位モデル「Moto G5S Plus」が登場

コスパの良さはそのままに5.5型&デュアルカメラ化
税抜3万円台の「Moto G5S Plus」

 モトローラ「Moto G」シリーズ、特に現行モデルの「Moto G5 Plus」は3万円台半ばの価格でありながら、オクタコアCPUや4GBメモリー、指紋センサー、DSDS対応など、高いコストパフォーマンスのみならず、素のAndroidに近いUIやバッテリーの持ちの良さも加わって人気が高いモデルだ。

11
11
Moto G5 Plus(右)との比較。サイズが一回り大きくなったほか、同じゴールドでも色味が違う

 そのMoto G5 Plusに上位モデルの「Moto G5S Plus」が登場し、すでに発売されている。主要スペックは変わらないものの、ディスプレーが5.5型に大型化(G5 Plusは5.2型)、またリアのカメラがデュアルカメラになっている。

 そのデュアルカメラによって、被写体の奥行きを測定し、背景のボケ度合いを調整したり、背景だけをモノクロにするなどの撮影に対応する。もちろん撮影後の調整にも対応している。フロントカメラも800万画素にアップ(G5 Plusは500万画素)。ビューティーモードやプロモードなどが追加された。

11
11
リアにデュアルカメラを搭載。撮影後の編集も可能だ

 主なスペックは、Snapdragon 625(2GHz、オクタコア)、4GBメモリー、32GBストレージ、3000mAhバッテリー、指紋センサー、Android 7.1.1など。指紋センサーは端末操作に対応するタイプ。また、ネットワーク面ではau網を含む、3キャリアに対応したのが特徴的。なお、DSDSには対応するが、microSDは排他となる。

11
カラバリは3色で、左からフラッシュゴールド、ルナグレー、ニンバスブルーの順。G5 Plusと同様にメタルのユニボディーを採用する
11
11
ルナグレーは前面が黒で、背面がグレー
11
11
ニンバスブルーは前面が白で、背面が灰色っぽい水色

ファーウェイが10日の新製品発表を予告!
若者向け端末でデュアルカメラ搭載!?

 ファーウェイ・ジャパンの公式Twitterアカウント(@HUAWEI_Japan_PR)が、10日の新機種発表を予告している。ツイート内容や写真を見る限り、主に若者層をターゲットにした端末で、2000万画素+1200万画素のデュアルカメラを搭載している模様。海外で発表されている製品から考えると、あの機種の登場が予想できるが、実際はどうなるだろうか? ASCII.jpでももちろん取材予定なのでお楽しみに。

月1000円前後の人気格安データ通信サービス(税込)
(音声通話付きのSIMは前回分をクリック

月1500~2000円台の人気格安データ通信サービス
(すべて税込)

※1:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円。