[ソウル 8日 ロイター] - 北朝鮮国営メディアが8日伝えたところによると、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は7日の朝鮮労働党中央委員会総会で、核兵器は「強力な抑止力」であるとの認識を示した。

これに先立ち、トランプ米大統領は、対北朝鮮で「有効な手段は一つしかない」と指摘。具体的な内容には触れなかったが、軍事行動を視野に入れていることを示唆したとみられている。

金委員長は「複雑な国際情勢」に言及。「米帝国主義者の核の脅威が長引いている」とした上で、「(北朝鮮の核兵器は)朝鮮半島と北東アジアの平和と安全をしっかり守る強力な抑止力だ」と発言した。

総会では、金正恩氏の妹の金与正(キム・ヨジョン)氏が、政治局員候補に選ばれた。