[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のメイ首相は、欧州連合(EU)離脱後の移行期間にEUの最高裁に当たる欧州司法裁判所が引き続き貿易紛争で判断を下す権限を有する可能性があるとの見解を示した。

首相は議会で「われわれは円滑で秩序ある離脱を目指している。このため、われわれは移行期間を求めており、移行期間中に何が機能するかについて交渉する必要がある。つまり、欧州司法裁から着手する可能性があるということだ」と述べた。

メイ首相率いる保守党のEU離脱派の一部は、ブレグジット(EU離脱)に伴い主権国家として英国内の裁判所が司法権を取り戻すべきだと主張しており、この問題は離脱交渉の主要な争点となっている。

英政府はまた、移行期間中にEU域外の諸国と通商協定交渉を行うことを目指すと表明。ただ、移行条件に反する場合は協定の締結を見送る方針を示した。

政府はブレグジット後の通商方針を示す文書で、輸出業者や投資家に対する継続性を確保するため、「EUの全ての貿易協定とその他の特恵貿易協定の移行」を目指すとした。