10月6日、小池・希望の党代表はインタビューで、黒田日銀総裁の金融政策について方向性を支持すると述べた。写真は都内で同日撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 小池百合子・希望の党代表(東京都知事)は6日、ロイターのインタビューで、黒田東彦日銀総裁の金融政策について方向性を支持すると述べた。次期総裁人事については、金融政策を急激に変えると株式市場に影響すると語った。

 衆院選に出馬しない考えは変わらず、状況によって考え直すこともないと述べた。

 主な一問一答は以下の通り。

――総選挙に出馬しない考えに変わりはないか。

「変わらない」

──状況によって考え直すことがありえるか。

「ない」

──将来、日本の首相になりたいと思うか。

「いま、都知事でがんばるという意志を強く持っているので、考えたことがない」