10月11日、政治家、小池百合子氏のチャレンジとは。キャスター時代、ベルリンの壁崩壊のニュースを報道し「世界は大きく変わっている。その中で日本は一体どうなるのか。私は伝える側から、ニュースメーカーになった」とロイターのインタビューで語った。10日、都内で街頭演説を行う小池氏(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 11日 ロイター] - 東西ドイツを隔てるベルリンの壁が崩壊した1989年11月、小池百合子氏は37歳、経済番組のキャスターだった。このニュースを報道したことが、政治家を志すきっかけだったという。

「私が政治家になった1992年、その前に何があったか、ニュースキャスターで何を伝えたか、ベルリンの壁の崩壊です。世界は大きく変わっている。その中で日本は一体どうなるのか。私は伝える側から、ニュースメーカーになった」──。小池氏はロイターのインタビューで語った。

「日本の政治の動きがあまりに遅いので、私は外から批評をするより、アクセルレーターとして、中でプレイヤーとして直接携わろうと決めた」という。

 小池氏をよく知る10人近い人や、今年に入ってから行った3回の本人とのインタビュー、そして過去の小池氏の政治家としての経歴の検証から浮かび上がってきたのは、多くの点でパラドックスを抱える1人の人物像だった。

 国際的な考え方を持ちつつ、ナショナリストの面もある。起業家精神にあふれている一方で、古いオトコ社会の先輩の助けをかりてステップを上る。果敢にリスクを取るかと思えば、今回の総選挙で国政に出るという大きな賭けには出ようとしない。

 彼女を良く知る人たちの一致した小池評、それは有権者、特に支持政党を持たない浮動層に対し、政策よりもイメージでアピールする卓越した「マーケティング能力」だ。