ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

株主至上主義によって
“産業が機能する社会”は構築することができるか

上田惇生
【第261回】 2011年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2100円(税込)

 「もはやわれわれは、社会の基盤としての“経済人”の理念を維持することはできない。われわれは、人間の本質および社会の目的についての新しい理念を基盤として、自由で機能する社会をつくりあげなければならない。しかしわれわれは、その新しい理念が何であるかを知らない」(ドラッカー名著集(10)『産業人の未来』)

 今から約70年前の1939年、ドラッカーは、処女作『「経済人」の終わり』を書いた。「経済人」とはエコノミック・マン、すなわちエコノミック・アニマル、経済至上主義のことだった。ドラッカーの目には、すでに経済至上主義が終わったと映っていた。

 では、その後に来るのは何か。ドラッカーは、第二作の書名を『産業人の未来』とした。これほどに野暮ったい書名も珍しい。

 だが、ここでいう「産業人」こそ、現実に産業界で働く人のことである。特に、会社という名の組織に働く「組織人」のことである。よりよい社会をつくるのは、それら企業の社長、部長、係長である。

 世のため人のために優れた財・サービスを提供する「産業人」が、文明をつくる。

 ところが、80年代の米国での会社乗っ取りブームが、無能な経営者を叱咤すべき存在としての株主に至上の地位を与えた。そして、その株主至上主義が、原油価格高騰によるオイルマネーの怪物化を受け、経済の様相と社会の様相を急激に変貌させつつある。

 いまや、一定の短期利益を上げない役員会は、産業活動の経験のない投資ファンドによって信任を拒否され、“機械的に排除”されることがあるのだという。

 そんな権力を手にした新種の株主が、株式会社という“有用だが脆かった制度”を壊すことさえ危惧される。

 「自由で機能する社会を可能とするには、企業をコミュニティへと発展させることが必要である。産業社会は、企業が自らの成員に対し、社会的な位置と役割を与えるときにのみ機能する。そして企業内の権力が、その成員による責任と意思決定を基盤とするとき、産業社会もはじめて自由となる。今日必要とされているものは、全面計画でも、一九世紀のレッセフェールでもない。分権と自治を基盤とする産業現場の組織化である」(『産業人の未来』)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧