[11日 ロイター] - 中国では18日に第19回共産党大会が始まり、習近平国家主席が権力基盤を一段と強化する見通しだ。同大会の仕組みや重要な議題などを以下にまとめた。

<議題>

5年に一度開かれる党大会は、約370人の新たな中央委員を候補者リストから選出する。党大会終了翌日に開催される中央委員会総会で、党最高指導部の政治局常務委員を候補者リストから決定。現在7人で構成される政治局常務委員の新たな顔ぶれが明らかになる。党大会では、各省の共産党指導者と首長、一部国有企業トップも任命される。

習氏が中央委員会総書記として政治局常務委員にとどまるのは間違いないが、他の常務委員にだれが選出されるかは不透明だ。習氏の下で汚職取り締まりを統括していた王岐山氏が、定年を迎えたにもかかわらず引き続き何らかの重職を担うことができるのかも分からない。

<政策>

習氏は、党大会冒頭で基調報告を行う予定だ。過去5年の党活動を評価するとともに、今後5年間の課題をつまびらかにする。詳しい内容は当日まで厳重に伏せられている。

党大会は具体的な政策よりも政治思想を打ち出す場という側面が強く、注目される点の1つは、汚職への対応が変化するかどうかになるだろう。

党規約は改正され、習氏の政治思想が毛沢東や鄧小平など歴代指導者の思想と同じく基本路線とされる公算が大きい。

<会場と期間>

国営メディアはこれまで党大会の開催期間を伝えていない。ただ2012年の第18回大会はおよそ1週間続いた。

代表者は北京の人民大会堂に参集するが、習氏の基調報告や新指導部選出などの議論は、市内の京西賓館において非公開で行われる。

<代表者>

共産党の第1回大会は1921年に上海で開かれ、代表は13人でその中には若き日の毛沢東も含まれていた。当時の活動家は中国全土でも60人足らずだった。

今回は、全国から2287人が代表に選出されている。今の中央政府指導者から地方の共産党指導者、首長、軍首脳部、大手国有企業幹部など各界の有力者が顔をそろえる。宇宙飛行士やバドミントン女子のオリンピック金メダリストなども選ばれた。

平均年齢は52歳弱、全体の4分の1は女性だ。最高齢は102歳で1936年に入党した人物。現在の党員数は8900万人を超えている。