[フランクフルト 10日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は10日、スペインカタルーニャ自治州の分離・独立問題について、スペイン政府に対応能力があるとして欧州連合(EU)が関与すべきでないとの考えを示した。

大統領は訪問先のフランクフルトで「欧州、フランス、ドイツがなぜカタルーニャ問題に介入しないかといえば、欧州は主権国家で成り立っているからだ。もし私が介入すれば内政干渉となり、スペイン首相にとっても国王にとっても容認できないだろう」と述べた。

大統領は、大学生を前に行った討論会でスペインのラホイ首相を擁護。「(カタルーニャが)抑圧されているとの印象は受けていない」と述べた。