[パリ 11日 ロイター] - スペインのダスティス外相は11日、カタルーニャ自治州のプチデモン首相が前日に行った独立を巡る演説は「ごまかし」だと非難した。一方で、憲法の枠組みの中で話し合いの余地はあるとも述べた。

ダスティス氏は仏ラジオ局に対し、プチデモン首相の議会演説について「あることを口にして、真逆の行動を取るのはごまかしだ」と語った。

プチデモン氏は演説で、正式な独立宣言を延期し、中央政府と協議する姿勢を示した。