[11日 ロイター] - 米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は11日、インフレ率が目標を下回っていることは「現時点では懸念事項ではない」とし、望まざるインフレ圧力の回避に向け連邦準備理事会(FRB)は今後も緩やかな利上げを実施していく必要があるとの考えを示した。

同総裁はカンザスシティーで開かれたイベントでの講演の原稿で「経済が成長し完全雇用を達成している時は、低インフレ自体は問題ではない」と指摘。「そうした環境下では、過熱と金融市場の不安定化を回避することで景気拡大を維持することが望ましい。政策金利をより正常な水準に徐々に調整していくことが、これに向けた最善の方法となる」と述べた。

そのうえで、インフレ率がFRBの目標に達するとの確証を待ち過ぎれば、収束が困難になるインフレを招く恐れがあるとの考えを示した。

FRBが掲げるインフレ率を2%とする目標については、「後から考えてみると、コミュニケーション・メカニズムとしても、政策ガイダンスとしても、当初の予想よりかなり高い目標だった」とし、「インフレ率は時に目標からかい離しながら目標近辺で推移する公算があるなか、この特定の数値目標の達成に注目が集まり過ぎている」と述べた。

ジョージ総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権は持っていない。