[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀の市場グループ責任者、サイモン・ポッター氏は11日、今月から始まるバランスシート縮小計画について、円滑に実施されるとともに、国債や住宅ローン担保証券(MBS)市場に支障をもたらすことはないとの考えを示した。

同氏は講演用原稿で「連邦公開市場委員会(FOMC)の計画に従い、ポートフォリオが段階的かつ『サプライズのない』予見可能な方法で削減されると確信している」とした。

ただ前例がないため、バランスシート削減が連邦準備理事会(FRB)や投資家の思惑通りに進まない可能性は常に存在するとも述べた。