[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は、国防総省ナンバー3である政策担当国防次官に米航空防衛機器大手、ロッキード・マーチン<LMT.N>のジョン・ルード上級副社長を指名する方針。ホワイトハウスが11日明らかにした。

ルード氏は、ジョージ・W・ブッシュ政権で国務省や国家安全保障会議の職務に従事。ペンタゴンでは国防副次官補(戦力政策担当)の経歴を持つほか、中央情報局(CIA)でも11年にわたり海外のミサイル計画に関するアナリストを務めた。

政策担当国防次官はトランプ政権発足時から空席のままで、就任には上院の承認が必要となる。

*本文2段落目の表現を修正しました。