[ワシントン 11日 ロイター] - ロシアによる米大統領選干渉疑惑を調べる下院の情報特別委員会の主要メンバーは11日、昨年の米大統領選中にロシアがフェイスブック<FB.O>上に掲載した数千件の広告を公表する考えを示した。

マイク・コナウェイ議員とアダム・シフ議員はこの日、フェイスブックのサンドバーグ最高執行責任者(COO)と会談。その後、両議員は記者団に対し、広告公表に向けて同社と協力していると明らかにした。

公表時期は、フェイスブックがロシアの干渉疑惑について議会証言する11月1日より後になりそうだという。

ロシア関係者がフェイスブック上で掲載したとされる政治広告は3000件以上に上る。