[ワシントン 12日 ロイター] - ケリー米大統領首席補佐官は12日、北朝鮮の核脅威について現時点で対処可能との認識を示した。「ただ、現在の水準より脅威が増せば、外交が機能するよう期待しよう」と述べた。

非常に高性能の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を手掛け、かなり優れた核兵器の再突入手段を開発中と指摘。北朝鮮が米本土攻撃能力を開発することは容認できないとした。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。