[ワシントン 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は12日、中央銀行が過度に長い期間にわたり債券買い入れを継続すれば、中銀自体が金融バブル発生のリスクを作り出すことになるとの考えを示した。

ワシントンを訪れているクーレ専務理事は「金融安定に対するリスクに留意する必要がある」とし、「資産買い入れを過度に長い期間にわたり実施した場合、金融不均衡が発生し、物価安定に逆行する結果をもたらす可能性がある」と述べた。